メイン

2008年11月14日

ブラバン飼育

少し前に13cmのブラバンを購入しました。梱包を開けたときの大きさにびっくりしましたね。ブラバンってこんなに迫力があるんだなと。背肉も十分にありすごく健康な個体だったと思います。
まず、開封した後に隔離ボックスに入れましたが、あまりにブラバンが大きく窮屈そうだったので、すぐにサブ水槽に離しました。LRの影に隠れることなく普通に泳いでいました。初日に、冷凍ブラインなどをあげましたが、まったく見向きもしませんでした。まあ、初日はこんなもんかな。
で、2日目。今日も冷凍ブラインには見向きもしなかったので、思考を変えてOTOHIME(オトヒメ)をあげました。おー、突いている!2日目にして人工餌への餌付け完了。暴食いではありませんが、確かに食べています。KENTのガーリックと合わせると、より食いが良かったです。
3日目。試しに他の餌をあげましたが、あまり興味がないようでした。
6日目。このあたりからFormula2を食べ始めました。あと、今までは底に落ちたものしか食べなかったのですが、沈む過程のものも食べ始めました。
12日目。今日の餌やりは消灯後になってしまいました。まず、メイン水槽に餌をやり、そのまま横のサブ水槽に私が移動した時です。ブラバンが驚いて勢いよくガラス面に衝突!!!げっ!電気をつけてブラバンを見ると、すごく息が荒いです。口を見ると明らかに負傷しています。
13日目。餌をあげてもまったく見向きもしませんし、何よりも口が開きっぱなしになっています。これはまずい。。。すぐに餌付け水槽に隔離しました。薬も何もなかったので、その日はそのままにしておきました。
14日目。朝起きて餌付け水槽を見ると、すでに☆になっていました。残念。。。こんなに良い個体だったのに。やはり口を怪我すると回復は難しいのかなあ。

ブラバンの餌付けに関して、
とある人からブラバンの餌付けについて話を聞くことできました。まず、個体が健康体であること!これがかなり重要な位置を占めるとの事でした。その次に、他の餌付いている魚と一緒に入れること。これは、つられて食べるかららしいです。大体この2つがそれっていれば、大きな個体でも餌付くとの事。
実際、私のブラバンは餌付け難い大きめの個体でしたが、健康そうだったし、一緒に入れていたパープル・フェアリーラス(Cirrhilabrus rubrisquamis)が餌をよく食べていたので、この2つの条件を満たしていると思います。
これは他の餌付けに食い魚にも当てはまると思います。スミレやシマも現在は健康な個体が多いので、飼育に成功している人が多いと読みましたし。ブラバンも採取する人の腕が上がったのでしょう。

この人とブラバンの雄雌の区別についても教えてもらいましたが、自分で確証を得ていないので、これは自分の目で確かめてからここに書きたいと思います。ってなことで、ペアーを探しています。


余談
今までブラバンを4匹飼育しました。うち2匹は飛び出し事故による死亡。1匹は、リセット時に水替えをさぼって寄生虫に侵され死亡。最後は、水槽面衝突による口の怪我による死亡。
個人的感想ですが、SPSが飼育できている水槽では、そんなに飼育するのが難しい魚だとは思いません。無理な混泳や健康でない個体の購入などが難しくする原因ではないでしょうか。自分は、SPS水槽でしか飼育したことないので、他のケースはよくわかりませんが。まあ、4匹も☆にしている私が言っても説得力ないですが。涙

2008年06月12日

ブラバンがダイブ

昨晩、餌をあげていると「ピチャッ」と言う音と共に、ブラバンが水槽外にダイブしました。すぐさま掬って水槽に戻しましたが、体表が少し傷ついてしまいました。その後、元気にしていますが、ダイブしてコンクリートの地面に体を打ちつけた後遺症が心配です。

しかし、これでブラバンダイブ3回目です。。。過去2回はその場にいなかったので☆に。今回はそばにいたので大丈夫でしたが。。。こんなに飛ぶ魚でしたっけ?

2008年04月16日

久々のブラバン水槽

最近忙しくて写真を載せていなかったので、新参魚も含めて久々にブラバン水槽の画像を載せました。
見て分かるとおり、新参魚はフレンブリーバタフライフィッシュ(Chaetodon frembli)とゴールドフレークエンジェルフィッシュ(Apolemichthys xanthopunctatus)です。ショップでこのゴールドフレークを見たときに心を奪われてしまいました。ショップの店員に聞くと、かれこれ4ヶ月ほどストックしているとのこと。また、LRなどを頻繁に突っついていたので大丈夫と思い購入しました。
持ち帰って餌を与えてみましたが、興味はあるものの冷凍ブラインなどにも一切口にすることはありませんでした。。。これまずいなあ、なんて思っていましたが、昨日あたりから冷凍餌を口にするようになりました。落ち着いたからかな?まだ、少し心配ですが、まあ大丈夫かな。
あと、フレンブリーですが、冷凍餌は爆食いですが、乾燥餌はまったく興味なし。ちょっと困りましたね。それから体色ですが、やはり黒ずんだままです。以前よりましですが。


2008年03月14日

マダラ幼魚を放流

昨晩、隔離ボックスのマダラ幼魚をブラバン水槽に放流しました。放流の仕方ですが、片方の仕切りを取ってしましたが、なんとその中にブラバンが入ってきてしまいました。10分ばかりブラバンは、マダラ幼魚と一緒に狭い隔離ケースの中で泳いでいました。微笑ましい!
しばらくすると、両方とも隔離ボックスから出ていました。ブラバンはすこし気になるみたいで、尾鰭で攻撃していましたが、マダラ幼魚は我関せず状態でした。ブラバンも最終的に飽きた?のか、攻撃しなくなりました。結構仲良くやっております。餌も両方が食べているので、問題なさそうです。
飛び出しが怖いので、ふたをつけています。ここにハゼ類を入れたら面白いかなあ。。。

ブラバンもすこし太ってきました。(単に僕が餌をあまり与えないのが太らない理由でした。今は結構あげています。)

2008年03月03日

おとひめ-餌

Tetsuoさんに薦められた「おとひめ」の餌を購入しました。小さいのがばら売りされていなのかったので、7パッケージが一緒になっているやつを買いました。3ozの缶でA, B1, B2, C1, C2, EP1, EP2が入っています。A,B1,B2,C1,C2は、家の魚達には少し粒が小さすぎますね。 EP1がベストです。EP2は少し大きいですね。
購入したのは、ブラバンを少し太らせたいからです。


2008年02月21日

ブラバンとマダラハナダイ

特に今日はネタがなかったので、ブラバンとマダラハナダイの大きさが分かる写真を掲載したいと思います。やっぱマダラハナダイはでかい!うちのブラバンが10cmないぐらいですからねえ。やっぱ同じ水槽に入れたら喧嘩するのかな?
写真は150Wのメタハラがついていますが、マダラハナダイが入ってからは消しています。ミドリイシも入っているのでいつまでも消しておくことはできません。さてどうしたものか。。。


2007年12月25日

マルセラvsブラバン

先日購入したマルセラバタフライフィッシュは、サブ水槽でブラバンと同居することになりました。昨日、隔離ボックスからリリースしたのですが、なんとブラバンがマルセラを攻撃しています!噛み付くわけではなく、尾びれで追っ払う感じです。それに対抗してマルセラのほうは背びれを立てながら、ブラバンのほうを向いて威嚇しています。この姿がかっこいい!
マルセラ自体は、あまりブラバンに興味がなく、攻撃されてきたときにだけ反応しています。ブラバンのほうは、かなり気になるようです。今日で2日目になりますが、マルセラの体に特に傷も見られなかったので、このままにしたいと思います。
マルセラは、特に餌付け後にリリースしたわけではないので、いまだに人工餌には興味なしです。まあ、LRを突いているのでよしとしましょう。

全然話は違いますが、外は大雪です。。。

2007年11月02日

ブラバンにMサイズの餌

少し前にブラバンへの餌の種類を増やすために、幾つか餌を購入しました。購入したのは、KENT社のPlatinum Reef Herbivore、Platinum ChromaXtreme、それとOcean Nutrition社の Formula Oneです。キイロハギがブラバンの餌を横取りするので、ブラバンに特化してあげるために、Mサイズにしました。ちなみにうちのブラバンは11cmです。
早速餌をあげてみると意外にブラバンには大きかったみたいで、あまり食べてくれませんでした。(涙)しょうがないので、Sサイズを今度購入することにしました。

Ocean Nutrition社の餌は、どれもMade in USAですが、日本で販売しているのは中国製なのかな?ちなみに、現在使用しているFormula Twoは、3年ぐらい使用しています。限界超えてますよね?

2007年10月10日

ブラバン1が投身自殺

今日の朝、何時もの様に愛しいブラバンに餌をあげようと水槽の前にいきました。PHを停止し、餌をあげていると何か違和感が。あ!ブラバン1がいない。いつも真っ先に飛んでくるのに。この時点で、半分死を予感していました。
まず、LRの間を見ましたがいません。それで、水槽周りを見ると体が硬直したブラバン1の姿がありました。覚悟はしていたものの、いざ現実を目の前に突きつけられるとショックのあまり立ち尽くしてしまいました。まさか、ブラバンが水槽から飛び出すとは。。。しかも、いつも追いかけているほうが。
予想ですが、追いかけすぎて勢いあまって外に飛び出してしまったような気がします。あーー、本当に可愛そうに。めちゃ高い干物が出来上がってしまいました。
唯でさえ、個体数が激減しているというのに、なんとも申し訳ないことをしてしまいました。機会があったらもう1匹追加したいですが、コロラドの気候とかを考えると来年春までないでしょうなあ。。
海水魚飼育を始めて大ショックを受けました。

2007年10月05日

ブラバン メリーゴーランド

私が水槽の所に行くと、ブラバン1がブラバン2を追いかけているような気がしていきました。というのは、遠くから見ていると、結構仲良く泳いでいます。これって餌をもらえると思って、競争相手を蹴散らしてるのかな?
まあ、それはともかく、昨日ブラバンを見ていると、両方がお互いの尻尾を追いかけたので、水槽上層部でグルグルグルグル回っていました。まるで、メリーゴーランドのように。。。なんか昔にこんな絵本読んだなあ。虎が尻尾を加えて回ってバターになったというのを。ブラバンなら何になるだろ?海苔おにぎり?

2007年10月01日

ブラバンのペア化

中々ブラバンがペアにならないですねえ。それどころか大きい方(ブラバン1)が小さい方への虐めが酷くなってきているような気がします。まあ、小さい方はうまく逃げていて、水槽前面にも出てきますし、餌食いも良いですからいいんですが。。。餌食いや前面に出てこないようになってきたら、大きい方を隔離したいと思います。
やはりペア化は難しいですね。

2007年09月15日

ブラバンの餌

私がブラバンに与えた餌の感想です。

1.冷凍ブライン
一番初めに与えたのは、Hikariの冷凍ブラインです。始めのほうは興味を示すだけで食べませんでしたが、3回目ぐらいからは少しだけ啄ばみ始めました。今では爆食いです。人工餌に馴れさす前には良いと思います。

2.冷凍アサリ
ブラバンを購入した店主からのアドバイスが冷凍アサリでした。日本のアクアリストからも冷凍アサリを勧められました。UMBOPAさんのHPを参考にして、生アサリの内臓を取り、ミンチにしてから貝殻に貼り付けて冷凍しました。ブラバンの反応はばっちりです。ガツガツ食べていました。水が汚れるので、2,3日で止めましたが、人工餌を食べなくなったら間違いなく出番がくるでしょうか。

3.冷凍餌 -Ocean Nutrition Formula Two とOcean Nutrition Angel Formula冷凍ブラインになれた後にこれを与えました。始めは無反応でしたが、徐々に突き始めました。嗜好性が高いようで、すぐに食べ始めました。特にAngel Formulaは、Formula Twoに比べて食いつきが良かったです。今でも、ブラバンの体調維持のために定期的にあげています。

4.乾燥餌 -Ocean Nutrition Formula Two Pellet
今まで使用していた乾燥餌です。始めは全然興味を示しませんでしたが、徐々に突っつき始めました。一度味を覚えるともう爆食い状態でした。ただ、私が持っているPelletは小さいタイプなので、もう少し大きなものが良いような気がします。

5.乾燥餌 -Ocean Nutrition Formula Two Flakeブラバンには、PelletよりFlakeのほうが食いつきは良かったです。水面に浮いているものは、中々上手に食べれないようでした。

6.乾燥餌 -ORAGloこれは、日本では販売されていない乾燥人工餌になります。名前から分かるようにORAが販売元になります。かなりブラバンだけでなく、すべての魚の食いつきは初めから良かったです。ただ、少し粒が大きいので、小さい個体には向かないかもしれません。家のブラバンは、両方とも10cm以上なので問題なく食べています。乾燥餌では一番食いつきが良いです。

7.乾燥餌 -Two Little Fishies Julian Sprung`s SeaVeggies: Green Seaweed家ではこれがブラバンに不評の餌になります。ハッキリ言って全く食べません。理由は良く分かりませんが…。私のあげ方が悪いのかもしれませんが、ブラバンは嫌いなのかもしれません。

8.乾燥餌 -Hikari KRILL
これもブラバンは見向きもしませんねえ。パッケージにクイーンエンゼルの絵があるので、てっきり食べるかと思いましたが…。海綿類を食べていると思われるブラバンにはダメなのかもしれません。
今でも全然食べませんねえ。。。

基本一回餌付けが成功すると、その後に困ることはなさそうです。今では、鯉に餌をやっているみたいに水面に出てきて餌を食べています。先日など、珊瑚の位置をかえていると私の指を突いてきました。ほんまに人懐こいやつです。
次に試したいのは、KENTの餌かなあ。。。

2007年09月12日

ブラバン2が肌荒れ?

少し前から気になっていたのですが、ブラバン2が肌荒れを起こしているかもしれません。正確には、肌が傷ついているために、一部の鱗(?)が剥がれている感じです。今の所、餌も十二分に食べているので問題ないかなと思っています。やっぱりブラバン1が追い掛け回すのが原因かなあ。。。
酷くなるようなら対策を考えないといけません。。。

2007年09月05日

餌食い良好

ブラバン1、2共に餌食いは良好です。大きい方のブラバン1は何でも食べますね。小さいほうのブラバン2は以前食は細いです。今は、両方共にOcean Nutrition Formula Two Ocean Nutrition Angel Formulaの冷凍餌を与えています。ブラバン達には人気ですが、カクレ、ルリヤッコ、イエロータン達はあまり好きでなさそうです。笑

Ocean Nutritionの使用感
冷凍餌なので、しばらく海水に浸してから小さく砕いて与えています。しかしながら、中々柔らかくなってくれない。痺れを切らしてある程度柔らかくなったら与えていますが、少し大きすぎると飲み込むことができないようです。家のブラバンは、多少飲み込むことができるようですが、便秘や他の障害を与えそうで少し心配です。

残念ながらこれらの冷凍餌は、日本では販売されていなさそうですね。乾燥餌のほうは販売されているようです。私は、乾燥餌のほうも使用していますが、なかなかよいですよ。

現在悩んでいるのは、いつまで冷凍餌をあげるべきなのかです。冷凍餌のデメリットは、水を汚すことだと思いますが、それ以外に何かあるのかどうか分かりません。Ocean NutritionのFormula Twoの乾燥餌と冷凍餌がありますが、その差って何なのか知りたいです。


2007年09月02日

喧嘩じゃー!

以前、ブラバン1(大きい方:12cm)とブラバン2(小さい方:11cm)の折り合いは良いと書きましたが、私の間違いでした。苦笑 それほど酷くないですが、ブラバン1が2を追いかけています。あまりしつこく追かかけているわけではないので、しばらく静観するつもりです。
昨日みた感じでは、以前追いかけられていますが、ブラバン1が追いかけた後、ブラバン2は体を反転させてブラバン1を威嚇しています。中々度胸がある奴です!最終的には、ペアになって欲しいですが、それは天のみが知ることでしょう。笑

ブラバン関連の日記が多くなりそうなので、「ブラバン飼育」のカテゴリを追加しました。いつまでも続けられるようにがんばらなくては。