« ストロベリーベリーショートケーキとA. horrida | メイン | UVでバクテリア強化 »

2015年4月 9日

LRSの冷凍餌は良い!

日本でもBlue Harborさんが輸入販売しているLRS の冷凍餌を非常に気に入っています。アメリカ国内を初め、海外で一挙に有名になったのは、去年のMACNAでお目見えしたマスクドエンジェルの餌付けに使用されたという事実でしょう。
コロラドでは、販売しているショップが一軒しかないのが難点なんですが、遠いところ買いにいくだけの価値は十二分にありました。粒餌はもちろん、他の冷凍餌も見向きもしなかった魚が、LRS Fish Frenzyをあげると爆食いしました。その後、粒餌にも餌付いてくれたのでよかったです。
LRSには何種類かの冷凍えさがあります。Reef Frenzy,Herbivore Frenzy, Fish Frenzyなどがメインになります。
Reef Frenzy:海水魚、珊瑚、無脊椎動物用
Herbivore Frenzy:ハギ類などの草食魚用
Fish Frenzy:全ての海水魚

これらすべての餌には、プロバイオティクスが含まれています。プロバイオティクスとは、Wikiによると「プロバイオティクス(Probiotics)とは人体に良い影響を与える微生物。」とあります。魚などの体内に良い菌を増やすことで、消化吸収を良くしたり、免疫力の強化などの良い効果があるようです。魚にプロバイオティクスを与えることによるメリットは新しいアイデアではなく、しっかり研究されて証明されている事実です。

冷凍餌だと水が汚れるというのがありますが、うちの環境では1日おきに結構な量を上げていますが、硝酸塩、リン酸塩ともに上昇しませんでした。ZEOvitの許容内なのかな。冷凍餌をあげる人はもしかしたらBCメソッド(Blu Coral Method)のように炭素源などと一緒にあげると栄養塩が上がり難くなるかも知れませんね。

投稿者 TAKA : 2015年4月 9日 12:15