« Maxspect Gyreをもう少し詳しく説明 | メイン | Tritonラボの水質検査を使ってみた »

2015年1月14日

パラメターを追いすぎると。。。

Tritonから高性能な水質検査装置が出ています。この機械を使うとNa, Ca, Mg, K, Sr, B, Br, S, Li, Be, Ba, Ti, V, Cr, Mn, Fe, Co, Ni, Cu, Zn, Al, Si, As, Sb, Sn, Cd, Se, Mo, Hg, P (PO4), Pb, I. のパラメターを測定できるそうです。定期的にこういった水質パラメターを測定して、現在の水質を知るのは良いことだと思います。でも、パラメターだけを追い求めても飼育が成功するとは少し個人的には懐疑的です。また、頻繁に水質を検査するコスト的にも非常に難しいと思います。
ちなみにTritonからは以下の添加剤が出ています。
Boron, Calcium, Chromium, Cobalt, Florine, Iodine, Iron, Lithium, Magnesium, Manganese, Molybdenum, Nickel, Potassium, Strontium, Vanadium, Zinc
水質検査で出るパラメターよりも少ない添加剤のラインナップですね。まあ、これらが重要な役割を担っていると解釈しても良いのかもしれません。

投稿者 TAKA : 2015年1月14日 15:14