« Apex Fusion登場 | メイン | LEDで農作物を育てる »

2014年5月13日

解釈の違い?

最近モンタナのShinさんとZEOvitリアクターの3時間後とのON/OFFについて話をしていました。マニュアルには、「他のシステムからの移行や高栄養塩の場合は、リアクターを3時間ごとにON/OFFしなさい」とあります。てっきり、3時間ごとのON/OFFによって、より効率よく栄養塩を除去してくれるのだと思いました。ところがです、どうやらそうではなさそうで、常時通水している状態のほうがより効率よく栄養塩を除去してくれるそうです。
他のシステムからの移行や高栄養塩環境から超低栄養塩環境に急激に変化すると、生体が変化についていけないから3時間ごとにON/OFFすることで徐々に環境変化をさせていくそうです。なので超低栄養塩環境になれば、そこからは維持するためにリアクターは常時通水(常時ON)がよいそうです。
マニュアルを普通に読むと私と同じ理解の人が多そうな気がしますし、実際日本ではそういう感じで理解されているように感じます。しかし、海外の掲示板をしっかり読むと、結構違う風に解釈していたりします。
英語版、日本語版も含めてZEOvitマニュアルは、結構理解するのが難しいです。誤解がなるべく生まれないような書き方をして欲しいと感じます。

投稿者 TAKA : 2014年5月13日 15:24