« T5照明下における400nmで励起する蛍光蛋白質 | メイン | ZEOvitの添加剤はどのくらいがよいか? »

2013年7月31日

ZEOvitでSPSの色が悪いときはカリウム濃度を疑え

ブログの更新は、掲示板の書き込みに比べると面倒なんですよねえ。少し閉鎖することも考えましたが、過去ログを消すのも勿体無いのでこのまま続けることにします。
さて、我が家のZEOvit水槽ですが、スパスラタやストロベリーなどの一部サンゴを除いて調子が悪かったです。色が薄くなり、一部は白化してしまいました。特にメタリックピンクのハイマツの色落ちは非常に酷かったです。なんとなく水質検査の一環としてカリウム濃度を測るとなんと250ppmしかありません。ZEOvitフォーラムのベテランに言わせるとこの濃度だと数日でサンゴの色に影響あり、一部は白化するとのことでした。そこからKZのK Strongを毎日添加しました。そうすると不思議なことに結構すぐに色の改善が見られました。特にメタリックピンクのハイマツはみるみるうちに色が戻ってきました。
飽くまで自分の経験上の話ですが、カリウム濃度は定期的に測定したほうがよさそうです。特にZEOvitの人は。バイオペレットでもカリウム濃度が減少傾向にあると一部で聞きますが、個人的にはBPをしていたときにカリウム濃度がさがったという実感はありませんでした。
カリウム試薬ですが、各社いろいろ出ていますが、断然Salifertがお勧めです。非常に簡単に測定できます。残念ながら日本では売られていないようですが。。。

投稿者 TAKA : 2013年7月31日 12:17

コメント

こんにちは~

Takaさんのブログを楽しみにしてる人は私を含めたくさんいると思いますので閉鎖なんて寂しい事は無しでお願いします。

さっそく素敵な情報ありがとうございます。
実は私の水槽もちょっと調子が悪くなってました。
現在復帰を目指して毎日80Lの海水を交換してます。
さっそくKももう1度測定してみる事にします。

投稿者 aritakaisui : 2013年7月31日 21:57

有田さん、
こんばんは〜
ありがたいお言葉ありがとうございます。つまらない内容だったり、多少間違った情報もあるかと思いますが、今後ともよろしくお願いいたします。
ZEOvitでのKの消費ですが、常にそういう状態になるわけではなさそうです。飽くまで感覚的なものですが、緑のスライム状のものが出てきてからKの濃度が劇的に下がったような気がします。バクテリアフィルムだと思うんですが、そいつがKを消費しているのかもしれないです。

投稿者 TAKA : 2013年8月 1日 09:24

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)