« サンゴを食べる害虫(Hermodice carunculata) | メイン | 新しい赤紫のスパスラタ »

2013年4月 9日

日にちをおくとトロピックマリンのKHは上昇するか?

以前の記事に、トロピックマリンの人工海水の素は作成してから日にちをおくとKHが上昇して安定する、とコメント頂きました。折角悪いバッチの塩があるのですから、早速検証してみることにしました。
海水を作ってエアレーションしながらの24時間後のKHは、3.248dKH。60時間後のKHの値は、3.472dKHでした。確かに0.2dKHは上昇しましたが、これでは悪いバッチとしか言い様がないです。
60時間後のもののCaとMgも何となく測定してみました。Ca=400、Mg=1100でした。比重が1.025なので、この値は低すぎます。
ここで怖いのは一体何の成分が多く含まれているのかと言うことです。ClやNaならまだ影響は少ないかもしれませんが、これが違う成分ならちょっと怖い気がします。
まだ50Gal分しか使用していないのですが、廃棄するか魚水槽に使用したほうが良さそうな気がしてきました。これを気にReefers Bestに乗り換えようかなあ。でも、これも悪いバッチがあると5年ぐらい前に聞いたことがあるからなあ。。。

注意:飽くまで悪いバッチがあるということを言いたいだけです。過去5年ぐらいこの塩を使用していますが、悪いバッチを発見したのは今回が初めてです。非常に良い塩であることには変わりはないので、製造元のTropic Marinか輸入代理店でこういった悪いバッチを事前に検知して市場に出回らないようにして欲しいです。

投稿者 TAKA : 2013年4月 9日 09:11

コメント

お忙しいところ検証していただきありがとうございました。
僕が聞いたショップの方の認識が間違っていました。
粗悪バッチが存在するのは確実ですね。
誤った情報をコメントに記載してご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

投稿者 さんごだいすき : 2013年4月10日 03:33

さんごだいすき さん、
ども~
色々調べましたら、他のブランドも粗悪バッチが存在するようです。たぶん、Tropic MarinやReefer's Bestは価格も高価ですので、槍玉に上がることが多いのかもしれません。
代理店やショップがそういう実験結果をもっているなら、開示して欲しいですね。

投稿者 TAKA : 2013年4月10日 08:37

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)