« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月24日

reef-reef.jpをTapatalk対応にしました

reef-reef.jpをTapatalk対応にしました。reef-reefを開設して以来、「フォーラムがモバイルアプリに対応していないなんてダサイなあ」と思っていました。Tapatalkというアプリは、iOSとAndroid端末に対応したフォーラムアプリです。モバイル端末に対応しているので非常にフォーラムが見やすいです。ReefcentralやZeovitフォーラムなどもすべてTapatalkに対応しています。
今まで忙しくて放置していましたが、とっちさんから要望がありましたので重い腰をあげました。この機会にみなさんもTapatalkをモバイル端末にインストールしてreef-reefのフォーラムに参加してくださいね〜

2013年2月21日

ストロベリーショートケーキのフラグを作ってみた

前回紹介したストロベリーショートケーキとは別に、1ヶ月以上前に地元のお店でストロベリーショートケーキの小さなコロニーを購入していました。置いている場所の関係でうまく写真を撮れなかったのですが、今回コロニーから3cmほど切ってフラグを作成しました。で、水槽前面に近いところに置いたので写真も綺麗に撮ることができました。少し青味が強く写っていすが、実際はピンクに緑っぽい下地になります。
因みにこの個体は来月来られるShinさんに贈呈する予定です。笑

SSC-frag.jpg

2013年2月18日

豪州産激美ストロベリーショートケーキ

やはり全米は広い!基本ネットショップで買い物しますが、地元のショップも最近では使用します。どうしてもストロベリーショートケーキの大きな個体が欲しくて、色々とアンテナを張っていました。でも大体が即売れ状態なので、私が見つけた時は時すでに遅しのことが殆どでした。そんな中テキサス州オースティンの店に、売り切れになっていたのと同じようなストロベリーショートケーキが欲しいとメールを出しました。それから数週間後に連絡があり、かなり良い個体が入ったと言われました。写真を送ってもらいましたが、かなりの激美!値段が値段だけに躊躇しましたが、水槽の調子も悪くないので思い切って注文しました。
大きな個体なので空港での受け取りにして欲しいと言われました。しょうがないので金曜日はさっさと仕事を片付けていざデンバー空港へ!飛行機が到着するよりも早く到着し、引渡しも一番に行い、急いで高速有料道路を使用して家に帰りました。
大体今まではこういう時はあまり運が良くなくて、魚が試着だったり、サンゴだと白化寸前のものが多かったので、非常に心配でした。しかし、それは杞憂に終わりました。開けてみてビックリ、想像以上の激美個体が袋の中に入っていました!もう、感動で1人で喜んでいるのでは収まらず、Shinさんにも写真を送ってしまいました。笑
色維持できる自身は全くないの、今のうちに写真を撮りまくってアップしておいきます。大体見た目通りの色に撮れています。
クリックで大きくなります。
Strawberry-1.JPG

Strawberry-2.JPG

Strawberry-3.JPG

Strawberry-4.JPG

2013年2月16日

Apexがあって助かった!

ここで細かく報告していますが、やっとZEOvit水槽にApexを設置することができました。始めの設定さえ乗り越えれば、本当に便利なアクア機器です。
さて、ZEOvit水槽として立ち上げてから数年ぶりにカルシウムリアクターを設置しています。もともとカルシウムリアクターの調節が苦手だったのでBalling methodに移行したのですが、今回の立ち上げを機にもう一度カルシウムリアクターを使用することにしました。
設置当初から結構トラブル尽くしでした。特に二酸化炭素の添加量がうまくいきません。ADAのスピードコントローラを使用しているのですが、時には過剰添加、時には添加停止などの状態に陥っています。それでも、マメにチェックすることで影響を最小限にとどめて来たのですが、ここ最近忙しくて中々チェックできていませんでした。
現在はiPhoneを使用し、出先からでも水槽の状況をチェックできます。先日昼休みに水槽の状態をチェックすると何とpHが7.2になっています!これはカルシウムリアクターの排水のpHではなく、水槽内のpHです。焦りまくりましたね。本来は、電磁弁をApexに接続してある一定以下のpHになったら電磁弁を閉じる仕組みを入れるべきなんですが、そこまでしていませんでした。ですが、pHが7.2になって水槽がやばい状態にあるということはすぐさま把握できました。その日は急いで帰宅して二酸化炭素の添加量を調節しました。水槽内は少し濁った感じになっていましたが、今のところ大きな影響はなさそうです。

下がそのときのpHとORPのグラフです。朝方から急激にpHがさがり、夕方ごろには7.2ぐらいになっています。この日も忙しいのを理由に水槽をチェックしなかったら、間違いなく水槽崩壊になっていたでしょう。Apex最高
pH-ORP.JPG

2013年2月 8日

Apexのサポート掲示板開設

日本ではLSS研究所さんがNeptuneシステムのApexを輸入・販売します。個人ブログを色々見ましても、結構Apexに対する期待が大きいように感じます。私自身、去年からApexユーザーです。また、モンタナのShinさんも私より先輩Apexユーザーです。日本ではとっちさんが一番先端を行っているApexユーザーさんではないでしょうか。そんな便利なApexを日本で普及して欲しいなあと3人で去年の10月ぐらいから話をしていました。そこで積極的に支援するために掲示板がいいねとなりました。そこで以下の掲示板を立ち上げました。3人で導入にあたり分からないところなど、できるかぎりサポートいたしますので、ご利用下さい。因みに完全ボランティアですので、その辺ご理解くださいね。
http://reef-reef.jp/bbs/index.php

個人的な考察ですが、日本は個人ブログが主なネットでのアクア情報交換の場になっていると思います。2chもありますが、もっとアクアに特化した掲示板は見当たらないですね。逆に海外では、個人的ブログを持っている人は少なくて主にオンラインのアクア掲示板を利用して交流を深めています。英語という言語が主流ですので、基本全世界から参加者がいます。ReefCentral.com、Reef2Reef.com、Zeovit.comなどが有名どころでしょうか。ってか、沢山ありすぎて把握できないくらいです。地元に特化したアクア掲示板などもあるぐらいですから。
今回設置した掲示板ですが、Apex以外のアクアでも盛り上がれればよいなと考えています。ネットには、間違った情報などもいっぱいあります。私自信も記事にしたけど、間違ったことを書いたときもありました。これは僕の勝手な考え方ですが、ある程度間違いがあっても情報は出していくべきだと思います。間違っているのを見つけたら、それをネット上で指摘して何が正しいのか議論しなが訂正していけばよいと考えています。私のこの意見に反対な人も多々いらっしゃるかと思いますが、これがアクアの技術の進歩につながると考えています。もしかしたら、全然掲示板が浸透せず僕の個人掲示板みたいになるかも知れませんが、積極的にトピックはあげていきたいと思います。
ショップさんの利用も大歓迎です。使い方としては、入荷情報などを写真つきで載せてもらってもよいですし、一般アクアリストさんとの交流広場にしてもらってもよいです。商業的になるとどうしても発言内容などが偏ってしまいます。そうなると掲示板の意味をなさなくなるので、現在のところはスポンサーなども募集いたしません。

片手間で立ち上げた掲示板ですので、見た目がDefault templateなのはご用者ください。

2013年2月 4日

レインボーモンティポラ

RainbowMonti.jpg

昨日は地元ショップにサンゴを買いに行きました。片道1時間なので、結構大変です。まあ、それだけの価値があるショップなので行くんですがね。
色々買ったのですが、そのうちの一つが上の写真のレインボーモンティポラ(Rainbow Montiporaで検索すればいっぱい写真が出てきます)。同じような色合いの養殖個体を最近見かけるので、日本にも入ってくる可能性は大でしょう。
下地は真っ青なかんじですが、ポリプが名前のごとく虹色になります。赤、緑、オレンジなどの色が主流でしょうか。これが一面に敷き詰められたらどれだけ綺麗でしょうね。栄養塩が高かったり照明が合わないとポリプが褐色化してしまいます。どれだけ綺麗に維持できるかなあ。