« 水槽を買い換える | メイン | サンゴ砂にはどのくらいの量の燐酸が含まれてるの? »

2012年11月15日

アクリル板を乗せるとどのくらい照度が低下するのか

以前に書きましたが、水槽を新調することになりました。新品を購入する予算がありませんので、中古の150*60*60cmのアクリル水槽を購入しました。アクリル厚は、1.29cmになります。蓋も付いているのですが、気になるのは蓋を乗せる事による照度の低下です。10%も照度が低くなるようなら蓋は乗せずに自作網蓋を乗せようかと考えていました。
実際測定しないとなんともいえないので、早速実験して見ました。結果を見てビックリですが、約3.5%の照度ロスしかありませんでした。これぐらいのロスなら、ラスを沢山飼う予定なので飛び出し防止策としてアクリル蓋を乗せるほうが得策かと思いました。
因みにガラスもアクリルも使用されている素材などによって透過率が変わってきますので、一概に蓋を乗せても照度の低下率が低いとはいえないです。因みに、アメリカではStarphireガラスという鉄含有量が低い非常に透明度の高いガラスを使用した水槽があります。ここに比較画像があります。非常に高価みたいですが、水槽などを観賞するには是非とも使用したいガラス素材です。

蓋無し
WithoutLid.jpg

蓋有り
WithLid.jpg

投稿者 TAKA : 2012年11月15日 13:32

コメント

おはようございます。

この厚さのアクリル板でそのぐらいのロスならフタも良さそうですね。飛び出し防止にこんな板を付けていましたが、結構邪魔なのでどうしようかと思っていました。

http://mjneko.blog.fc2.com/img/20120722_100.jpg/

投稿者 mjneko : 2012年11月14日 14:44

mjnekoさん、
おはようございます~
この飛び出し防止柵もいいですね。蓋も餌食の時などは邪魔になるでしょうね。意外にこの蓋重いです。。。
安価なアクリルだともしかすると透過率低いかもしれないので、お気をつけ下さい。

投稿者 TAKA : 2012年11月14日 15:23

TAKAさん、こんにちは…新水槽楽しみですね♫

僕は蓋をする派なんですが…アクリルの全光線透過率(92.7%)はプラ・ガラスの中でも一番ですが、反りが出易いのが嫌でポリカーボネイト板(87%)を使用してます。
これからの寒い季節は、水槽水と外部温度差による蓋への水滴付着も凄くなりますし(散光レンズと思って見ぬふりしていますが(^^;))塩分付着もします。あまり数値に拘ら無くてもと思いますが⁉
また、蓋無しの場合…現在既製の電子部品本体内蔵のLEDシステムライトは、微細な塩分の飛散も故障の原因になるのではと思いますが⁇ どうなんでしょうね。

投稿者 benopa : 2012年11月15日 19:40

こんにちは~

現在スプラッシュガードを外してるのでT5は
けっこう上の方に設置してますが今のところ問題は無いようです。

でも将来的にもっと色揚げしようと思った時に
もっと下に照明をもっていくような事になると
少し心配ですね。
約3%程度のロスならスプラッシュガードを付けても大差ないですよね、、

投稿者 有田海水 : 2012年11月15日 20:23

benopaさん、
確かに蓋につく水滴が問題になる可能性は高いですね。以前にガラスの蓋をしていた水槽がありましたが、いっぱい水滴がついてましたね。苦笑

有田海水さん、
benopaさんもかかれていますが、水滴が問題になる可能性は高いですね。様子見ながら決断したいと思います。

投稿者 TAKA : 2012年11月15日 21:16

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)