« 2012年8月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月31日

Apexで温度とpH変化を見よう

Apexでモニターしている温度とpHの変化を見てみましょう。

まずは温度変化から。10月27日が非常に温度がさがっているのがわかります。この日は、外気温が非常に低かった日になります。これを見てまずいと思いヒーターを設置しました(メールアラーム機能もあるのですが、まだ設定していません)。その後、徐々に水温が上昇しているのがわかります。で、76F(24.4C)~78F(25.6C)の間で安定しています。一日の温度変化が1.2Cなら良いかなと思います。あまりヒーターをON/OFFするのもヒーター自体に負担がかかりますからね。
TempFor4Days.JPG

次にpHです。何やら変なピークが2つほど見られますね。このApexを使用している水槽ですが、Caリアクターを使用していません。Tropic MarinのBio-CalciumってやつでKHとカルシウムを維持しています。KHを上昇させるバッファ剤と同じなのでpHが急激に上昇します。このスパイクはこの添加剤を入れた直後のpH値になります。後のpH値の上下は、照明のON/OFFに沿っています。
pHFor4Days.JPG

今回の例は非常に簡単なものですが、それでも色々なことが分かると思います。Apexに限らず、アクア用コントローラこそ日本で一番普及してよいアクア製品の1つだと思います。

2012年10月26日

こんなの来ました〜

一目惚れで購入したCirrhilabrus cf lunatusです。体色の具合が超綺麗です。セブ産のカラーバリエーションが違うツキノワイトヒキベラという記載でしたね。
Lunate.JPG

で、もってこっちはクイーン、いやブルーだったかな。両方買ったのでどっちがどっちか忘れちゃいました。見分け方あったような気もするが。。。
Queen.JPG

この他にも色々と買っちゃいました。また、ラスの雄化に挑戦したいので、某種のメスを2匹購入。上手くペアになってほしいなと。

現在色々とやってましてこっちのブログが疎かに。。。。まあ、そのうち公開していきます。

2012年10月 2日

APEXのアクアコントローラで何ができるの?

アクアコントローラって具体的に一体何ができるんでしょうか?前回の記事のコメントでしんさんが書かれていることを再掲載。

- 元管理できる事の一部: -(蒸発分の)自動給水 - ヒーターの自動制御管理 - データーログ - pHモニター - iOS、Androidデバイスでモニター/制御(外出先からも可能) - 問題があれば、メールにて警告を受信 - LEDで夕立の再現、雲の動きも - VorTechをワイヤレス制御(要別売モジュール)

上記に加えて、拡張キットを購入すると塩分濃度(PM2モジュール)、溶存酸素濃度(PM3モジュール)、ワイヤレスでEcotechを制御なども測定、及びコントロールができます。pHなども1箇所だけでなく、拡張キットなどと合わせることで複数箇所測定・コントロールできます。

詳細は後日説明することにしますが、基本キットで測定・コントロールできるのは、pH、ORP、水温、LEDの調光・水流ポンプの強弱などができます。内蔵ウェッブサーバーなので、ネットからデータログの参照なども簡単にできます。

2012年10月 1日

Neptune SystemのApexアクアコントローラ

NS_apex_group__76397_zoom.jpeg-400x300.jpg

長年アクア用コントローラを購入しようか迷っていたのですが、遂に購入したました。購入したのは、上の写真のNeptune SystemのApexコントローラです。日本ではまだ輸入販売されていない商品ですが、アメリカでは一番売れているコントローラだと思います。何ができるかというと、そりゃーかなり色んな事ができてしまいます。
購入した理由ですが、自分のためと言うよりは日本での販売を後押ししたいからです。どこかが正規の輸入元になれば、日本でも高性能なアクアコントローラが出回るということですね。忙しい日本の方には必要な機材だと僕は考えます。

日本に代理店ができれば、僕の役目はあまりないと思いますが、それまでに色々と紹介したいと思います。マニュアルの日本語化、非公式マニュアルの部分訳などをとりあえずの目標にしていきたいなと考えています。僕だけじゃあ手がまわらないので、ぼくよりApexのユーザー歴が長いしんさんにも手伝ってもらいます。笑
日本でも少数ですがユーザーさんがいらっしゃるようですので、お手伝いしたい方はお願い致します。