« メインポンプの選択の仕方 | メイン | 蛍光タンパク質-KAEDE- 緑はUVで赤になる »

2012年8月 7日

香港のアンドリューさんのKR93SP水槽

もう日本でも有名になった香港のKR93SP水槽ですが、実際どんな感じなのか書きます。飽くまでRCに書かれたスレッドを元にした情報です。

この方の水槽はもともとT5(ATI T5 Power module 8x80W)を使用していました。水槽サイズが166 cm x 66cm x 56 cmの水量約550㍑です。どのような経緯でKR93SPに移行したのかは知りませんが、特にT5に不満があったわけでは無さそうです。使用している器具をみても分かりますが、最新器具が大好きな方のようです。
水槽システムはZEOvitを使用されています。非常に綺麗にマトメられています。写真はここを参照してくださいね。

当初は1台だけKR93SPを設置していたようですが、水槽奥行きが56cmあるため1つでは水槽全体に光が十分にいかないことから、追加で一台設置したようです。灯具の中央部分は十分な光量があるようですが、少し外れると光量が結構落ちるため2台必要と結論づけたようです。はじめの1台を設置してから、数週間してから2台めを注文し、そのユニットがくるまでT5に戻していたようです。なので、2台設置してからまだそれほど日にちは立っていないようです。

下の写真は、このユーザーが自分の水槽でのPAR値を測定したものです。KR93SPのすべてのチャンネルを100%にした時の値だそうで、実際の運用は100%ではないようです。最適な値を今後探していくようです。

PARReadings.jpg
強い光が必要なSPSでも十分なPAR値だと思います。(PAR値が800ぐらいあれば強照明が必要なサンゴも飼育できます)
サンゴの色ですが、スレッドを見る限り今のところ変化は無さそうです。照明を変えたことによる悪い影響もないと書かれています。
それにしても水槽システムを含めて綺麗な水槽です。

投稿者 TAKA : 2012年8月 7日 18:42

コメント

ども!

T5で維持していたこのような素晴らしい水槽がKRに変更したことでどのように変化していくのか非常に興味深いです。
国内ではこのような事例はあまり聞いたことがない(ネットでは見かけない)ので今後の経過が照明選びの参考として一つの実績となるのかなぁ。
かなり楽しみですね♪

投稿者 俺海 : 2012年8月15日 16:23

俺海さん、
色んな事例を知ることは大切だと思います。それで自分の水槽にあった照明などを選択すればよいのだと思います。

投稿者 TAKA : 2012年8月16日 10:47

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)