« Coral誌の「何故青い光がサンゴの色に重要か?」が面白い | メイン | 自作LEDの波長を考える »

2011年11月29日

自作LEDライトに挑戦

やっとこさLEDライトの自作をすることにしました。この感謝祭の週末に一斉セールをやっていたので、せこせことセール品をあさりました。色々パーツをそろえて分かったことは、既製品のシステムLEDかった方が良いかもってことかな。笑  もちろん既製品に比べて安くあがるんですが、コントローラ部分は自作できないので、その分を考えると同じ値段ぐらいかなと。色々とコントローラ部分で遊びたい方は自作は向いてないかも。対して自作するメリットは、自分の思うような波長を含んだLEDシステムライトを作れますし、LED素子の乗せ代えも自由ですしね。やっぱチャレンジしたい人向けかな。

自作LEDは、現在の150Wメタハラがついているフラグ水槽に設置するつもりです。3W素子ばかり使用する予定で、16個使う予定なので48W。ただ、結構小さいヒートシンクで自作するので、フラグ水槽全体を照らすことは無理だと思います。CreeのXP-Eの青とXM-Lの白が基本で、それにシアン、420nm、UVを入れる予定です。これらを使用するのは今の流行のようなので入れてみました。笑
一応目指す波長は、14000Kあたりの波長です。青多めであとパッパ。

投稿者 TAKA : 2011年11月29日 12:38

コメント

いや、絶対DIYのほうがよいです!(もうひっこみつかないので自分に言い聞かせてるようですが。)
コントローラー部分はApexでカバーできると思ってます。最初はオンオフだけですが、そのうち、日の出/日の入りや一時的な曇り、トロピカルストームなどシミュレートしたいですねー。
ぼくも個人的には青っぽいのが好みです。ディミングコントロールでいろいろ試すのが今から楽しみです!
感謝祭のセール万歳!全米においてみんなで524億ドル(4兆円)買い物したらしいです。僕らも確実に貢献してますね!

投稿者 Shin : 2011年11月28日 19:53

おっ‼ 待ってました…いよいよLEDライト製作開始発表ですか♬
48Wもお手頃クラスで楽しみです‼ 筐体はどんなになるのかな〜⁇
そちらでは、LED素子以外のDIYパーツもふえて来たのでしょうか⁇

※エンカマット作っているのはこちらでは前田工繊(株)のみの様です…
別ルートから入手出来そうです…♪

投稿者 benopa : 2011年11月29日 01:39

Shinさん、
Apexって光の強弱とか細かに設定できましたか?LEDのコントローラは、波長とかもコントロールできるのが魅力と思っています。
お互い自作を楽しみましょう~

benopaさん、
自作の技術なんてないので、非常にシンプルな感じになります。ある意味見た目は既製品に比べると0点かもしれません。涙

因みに、エンカマットはこちらではアクアショップで手に入ります。もし必要でしたら送りますよ。

投稿者 TAKA : 2011年11月29日 11:41

Apex に限らず、どのリーフコントローラーでも暗くなってくのがわからないくらい細かく制御できると思います。
ディミングに関して、おおざっぱにいうと、
0−10VならApex
PWMならReefKeeperかArduino
なんですかね。
ライトだけの制御(日の出/日の入りなど)でよかったら、各社からミニコントローラー(?)でてますね。BoostLEDのTyphoonなどがそれですね。

見た目ですか。。
アクリルで周りを囲ってみたり、メッシュのアルミの自作ケースつくってみたり、いろいろいますが、ヒートシンクむき出しも、インダストリアルな感じで良いんじゃないですかね?

投稿者 Shin : 2011年11月29日 16:45

ありがとうございます。
前田工繊製の物を他の店で安く売ってもらえるとの事で注文しちゃいました‼
さて…US製と比べてメッシュの太さとか荒さとかどうでしょう‥ちょい楽しみ?

投稿者 benopa : 2011年11月29日 17:57

TAKAさんのLED楽しみです。
LEDはGLシリーズがハイエンドでしばらくは現状維持かなーと予測し、随分購入しましたが、KRフルスペが出るなんて、、、。
シアンやUVはサンゴの生命維持に役立つのか、色揚げに役立つのかその両方なのか関係ないのか、、、どうなんでしょうね。
バクテリオプランクトンなどの栄養塩対策とLEDなどの照明関係で頭がいっぱいになり、肝心の「水槽鑑賞」がおろそかになる日々が続いています。

投稿者 suge : 2011年12月 2日 07:26

sugeさん、
ぼくのシステムライトはあまり期待しないでくださいね。どの波長がサンゴの何に役立てているか興味深いですよね。前回の記事でもかきましたが、青が重要なことには変わりがないと思います。

投稿者 TAKA : 2011年12月 2日 14:58

演出性だけの意味合いになるでしょうけど、私はスパクルのカバーガラスの上に青いカラーガラスを入れて青みを強くしてます。カラーガラスはいろいろな色もあるし、小さい破片ならサンプルもあり無料なので重宝してます。しかし、光はカラーガラスを透過しても波長は変わらないみたいです。もともと「ない波長」は「ない」ので、透過出来ない波長の光がはじかれるだけみたいです。ステンドグラスみたいなカバーガラスを取り付けられれば、「演出性」だけはよくなりますね。

太陽光のすべての波長がサンゴに必要だとは思いますが、邪魔な波長の光を少なくして、青を強調することでサンゴに何らかの変化があるかもしれませんね。

投稿者 suge : 2011年12月 2日 16:24

sugeさん、
そうですね、無い波長はカラーガラスを通しても作れないですね。でも、演色性をあげるためには良い方法ですね。前提は、必要な波長を遮断しないことですが。

スーパークールにダイクロミックミラーがなかったらどういう波長になるんでしょうかね?よくSCは演色性が高いと言いますが、この反射した光の波長も興味深いところです。ただの演色性のためだけなのか、やっぱり重要な波長なのか。
個人的にはあまり緑から右の波長が多いと藻類が繁茂しそうで怖いです。

投稿者 TAKA : 2011年12月 2日 16:31

我が家は震災で水槽内の生物は一度崩壊しました。
以前はコモンや浅場のサンゴ多かったのですが、スパクル4灯、GL8灯で問題ありませんでした。リセット後には深場サンゴを中心にしましたが、白化する個体ばかりでした。水質と照明のどちらが原因なのか悩みました。水槽は120*60*70です。スパクルに青いカラーガラスを乗せてたら白化しなくなりました。スパクルはアクアブルーとマリンブルーの集光です。深場サンゴにとって照度がちょうど良くなったのか、不必要な波長が遮断された影響なのかは不明です。現在、スパクルは2灯交互に3時間ずつ使用しています。
深場サンゴに関して、LEDは青を中心に白を少々で大丈夫なのでは?と最近は思っています。水深20mぐらいだとかなり暗いですよね。でもUVとシアンは気になります、LEDに足りない波長と言われると、、。

藻の対策はトゲアシガニがエメラルドグリーングラブより仕事が速いですね。アメリカでも販売しているのでしょうか?他の対策としては、ライブロックを入れないことでしょうか?我が家は崩壊後のライブロックを天日で干して水道水で灰汁抜きして使用しましたが問題ありませんでした。石灰藻が欲しくて2-3個ライブロックを入れたら藻を持ち込んでしまいました。以前からの癖が抜けなくて、ライブロックがないとサンゴや魚は飼育出来ないと思い、入れてしまいました。
最近はいろんなバクテリアが販売されてますし、栄養塩対策も様々な方法があるので、ライブロックはそれほど重要視しなくなりました。

投稿者 suge : 2011年12月 2日 18:12

>トゲアシガニがエメラルドグリーングラブより仕事が速いですね。アメリカでも販売しているのでしょうか?
カリブ海に生息していますので、アメリカでも普通に販売されています。
エイジさんがよく言われている「生物相」が苔・藻に大きく関係するなと実感しました。そういう意味では、ライブロックは今でも重要な役割を担う気がします。若しくは、ライブロックは使用しないがベントスパックなどで対応できるかも知れませんね。市販されているバクテリア添加剤だけでは厳しい印象を持っています。

サンゴにどんな光が良いのか見つけるのは難しいですよね。T5の球を1球以前と違うものに交換するだけで、サンゴの色が劇的に変化したりします。これはすべてのサンゴに当てはまるわけではなく、一部のサンゴですね。

投稿者 TAKA : 2011年12月 6日 20:15

TAKAさん、エンカマット手に入れることが出来ましたょ♫
お世話様でした‼ USの物と比べてほぼ同じようです。
工作は難しそうですが、そちらのDIY人に負けない様にTRYしたいです⁉

投稿者 benopa : 2011年12月 8日 01:58

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)