« ワイドバンドアネモネフィッシュ(Amphiprion latezonatus)の繁殖は難しいのか? | メイン | SCが漏電? »

2011年8月 4日

スーパークールを本気で試してみよう~

LEDに注目がいっている中、あえてSCを試して見る事にしました。アメリカじゃあ売っていないので、触れる機会もなかったんですけどね。
個人的な良い点、悪い点は以下の通り。

良い点
1.6500Kと22000Kの光のミックス
2.クリップ式で設置場所の確保が楽

悪い点
1.アメリカのメタハラ球に比べて、交換球がバカ高い
2.電子安定器が故障したときに替えがない

アメリカでは売っていないので、日本から購入しました。1つは数年前に某アクアリストに譲っていただいたもの、2つはTwitterで出ていた中古品、1つは大阪のブルーハーバーさんに在庫してあった中古品です。合計4つですね。実験する水槽は、30cmキューブの水槽なので、流石に4灯すべてを使用することはないと思います。因みにこの30cmキューブ水槽はメインと繋がっているので、各種パラメーターは同じのはず。手始めに、メインから幾つか枝打ちして実験しようかなと思います。
試しにメイン水槽をSCで照らしたら、かなり珊瑚の色が良い感じに見えました。これが演色性なのかな?

SC_080111.JPG
1灯だけ試しに設置しました。固定しているバンドはプラスチックなので、これは鉄製に交換した方がよいと感じました。溶けて落ちたらしゃれにならないので。。。

投稿者 TAKA : 2011年8月 4日 13:08

コメント

以前、一般の銅鉄製の安定器でスーパークールを使っておりましたが 特に問題なく点灯しておりましたので 万一、故障した時には 一般の安定器を使えば点灯できると思います

私は つい最近、輸入代理の業者を使ってアメリカから シングルエンドのメタハラ球を取り寄せましたが あまりの低価格にビックリしております
日本で買ってられないですね(笑)

投稿者 狩人 : 2011年8月 3日 21:58

狩人さん、
配線さえしっかりすれば違う安定器でもいけそうですね。一つ気になるのは、安定器の種類によって球の性能がちゃんとでないことですかね。SCの安定器は少し違うときいたことありますので。

SC球は、どこを探しても同じようなものないので、まあある意味価値はあるのかと思います。まあ、高いという事実はかわりませんが。。。

投稿者 TAKA : 2011年8月 4日 10:32

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)