« SCが漏電? | メイン | Chaetodon falcifer(サイズバタフライフィッシュ) »

2011年8月13日

HannaカルシウムChecker到着!

久しぶりの玩具到着です!HannaカルシウムChecker!結構待っていたんですよねえ。
手順ですが、思っていたほど複雑ではなかったですが、今までのHanna Checkerシリーズに比べると少し手順が増えました。試薬が液体と粉末の2種類使用します。また、RO/DI水が要るのが少し残念なところです。この製品使うのにわざわざ浄水器を購入する人なんていないでしょ。精製水を買えばいいのかな?
HannaCa-1.JPG

それでは、簡単な手順の訳です。
--------------------------------------
1.本体のボタンを押して下さい。「Add」「C1」と出て「Press」の文字が点滅した次のステップへ。
2.1mlの試薬Aを白の注射器を使って試験管に入れて下さい。その後、付属の大きな点滴器を使ってRO/DI水を試験管の10mlのラインまで入れて下さい。その後、キャップをして3-5回上下にして混ぜて下さい。
3.試験管をHanna Checkerの本体に入れて下さい。入れた後、蓋を閉じてボタンを押して下さい。「Add」「C2」と出て「Press」の文字が点滅したら次のステップへ進んで下さい。
4.試験管を本体から取り出し、測定したい海水を0.1mlを付属の緑の注射器で試験管に入れて下さい。(注意:0.1mlだけ取るのではなく1ml取ってから、そこから0.1mlだけ入れると、0.1mlをより正確に測れます。)
5.粉末の試薬を一袋試験管にいれます。その後、15秒ほど振ります(若しくは、試験管内の粉末がすべて溶けるまで)。その後、内部の気泡が消えるまで更に15秒ほど待ちます。
6.試験管をHannaの本体に戻してボタンを押します。3分待つことなく、数秒でカルシウム濃度が表示されます。

*本体の電源は10分後に自動的に切れます。
--------------------------------------
早速測定した結果、424ppmでした。
HannaCa-2.JPG
付属している注射器が2つあって、一つが白、もう一つが緑です。それぞれ、試薬Aと測定水に使用します。それぞれの注射器の先に尖ったものを装着するのですが、これが色分けされていないので、次回からどっちに使ったか分からなくなります。一部に色がついていたらいいなと感じました。
HannaCa-3.JPG
他のカルシウム試薬に比べると、かなり簡単に測定できると感じました。買って損はないと思いました。試薬も25回分ついてますしね。


投稿者 TAKA : 2011年8月13日 08:43

コメント

検査にRO/DIが必要なのはちょっとマイナスに感じる人もいるかもしれませんね。。うちは家賃が水道代込みなので、ガンガンRO/DI作り置きしてありますが。。表と見比べたり、推測でなく、数字でバシッと結果がわかるのは、いいっすね。
といってもまずPO4のチェッカーゲットしないと。。Refractometer(「屈折計」っていうんですね、知らなかった)もやっと注文して、たったいま郵送されてる真っ最中です。

投稿者 Shin : 2011年8月12日 15:24

いいですね。
私もも気になってます。日本に入荷したら買おうと思います。

投稿者 Tank : 2011年8月14日 05:32

今回の粉の試薬ですが、リン酸などのやつと違い溶け易い感じを受けました。LSSさんにもサンプルが届いているようなので、日本での発売も近いと思います。

投稿者 TAKA : 2011年8月15日 10:02

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)