« Reef Octopus オゾンリアクター | メイン | Leng Syのブログ »

2011年6月 4日

RedSeaの人工海水をRedSeaの試薬で測定して結果

RCP流行ってますね~ 本当に効果があるのかどうかは別にして、売り方が工夫されていて良いなって本当に思います。逆に良いものでも、売り方によっては売れないのだなあと。

さて、ここからは飽くまで私がRCP試薬とCoral Pro saltを調べた結果です。違う結果が出た人もいるかもしれませんが、その点をご理解下さい。まあ、購入を検討されている人たちの参考になれば良いかと思います。

調べてみた試薬は、RCPのK、Mg、KH、Caの4種類とベースの人工海水としてCoral Pro Saltです。まず、Coral Pro Saltで1.025の海水を作りました。それを元にRCPのK、Mg、KH、Caの試薬使用して各種値を測定しました。
結論から言いますと、各種あたいすべてカタログ値に非常に近い値でした。リファレンスとしてSalifertの試薬でCa, Mg, KHの値を測定しましたが、RCPと同じような値でした。Kに関しては、リファレンスの試薬を持っていないのでなんとも言えませんが、カタログ値と差がないので、大丈夫なのかなと思います。以前の記事で書いたように、他社のアクア用K試薬は「白濁」による測定方法ですが、RedSeaのK試薬は一工夫加えられており滴定で測定できます。因みに、K濃度の測定上限は467ppmです。この点もいれて考えると、現在市場に出ているアクア用のK試薬としては一番使える試薬だと思います。

いや~個人的には、RedSeaの試薬と人工海水で測定して、とんでもない測定差がでるかとおもいましたが、そんなことは杞憂でした。さすが!

RedSea_CoralProSalt.jpg

投稿者 TAKA : 2011年6月 4日 10:27

コメント

Redseaの新しい試薬、かなり正確なのですね。
やはり値段だけのことはありますね。うちは値段でSalifertでとりあえずそろえました。
NO3PO4Xのレポートも楽しみにしています。
アメリカのOF事情は進んでいていいですね。ドイツでもやはりサイフォン式の方が一般的なような気がします。OF水槽をシステムで売ってるのは、数少ないですね。本格的なOFを注文するとおそらく3000-5000EURくらい掛かりそうです。すべてをアクアリウムに捧げないと実現できない価格帯です。

投稿者 isao : 2011年6月 6日 13:50

isaoさん、
はじめまして~
ドイツからなのですね!すごい!憧れのドイツです~  ZEOvitもドイツからですからねえ。Prodibioはフランスだし。ヨーロッパの方が断然アクアは進んでいる気がします。
アメリカは、自作する人の人数がかなり多いような気がします。
水槽自体に3000-5000EURは、私もかけれないです。。。中古品でもいいですし。出して2000ドルぐらいですかねえ。しかも、200Galぐらいの大きさで。
Salifertいいですよね。それほど高価でもないですし。NO3PO4Xですが、適当に実験は続けています。ちょっと初期値のリン酸値が高すぎて。。。
よろしければ、何かの形でドイツのアクア事情を教えて下さいね!

投稿者 TAKA : 2011年6月 6日 14:44

こちらこそよろしくお願いします。
僕もこちらで始めたばかりなので、あまり正確な事はわからないですが、200G(800L)クラスだと、ドイツでもかなり少数になると思います。けどドイツ人は日曜大工が得意な人が結構多いので、もしかしたらなんでも自作で作ってるかもしれません。

あと意外なのですが、Nano Aquariumと言って30センチキューブクラスの水槽で海水やるのが流行っているみたいです。小型で面白そうなセットもたくさん売っています。

EU系はケミカルに強いみたいですね。
お店に行ったら、海水のブースに白衣着た人がいたりして面白いです。

僕自身はローコスト水槽なので、あまり役にたつ情報だせないかもしれませんが、ブログ準備して情報交換できればと思っています。

投稿者 isao : 2011年6月 7日 14:38

isaoさん、
是非是非、情報交換していきましょう!なんかワクワクしてきました。

投稿者 TAKA : 2011年6月 7日 14:42

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)