« NO3:PO4-Xのセメダイン臭 | メイン | ゼオライトの使い方 »

2011年4月 9日

ゼオライトは何を吸着する可能性がある?

だ~いぶ昔ですが、ゼオライトで何がイオン交換で吸着されるのか書いたことがあります(ここ参照)。もう一回ここに書くと、ZEOvitで使用されているのはClinoptilolite(クリノプチロライト)らしい。化学式は、 (Na,K,Ca)2-3Al3(Al,Si)2Si13O36·12(H2O)で、K、Na、Caのどのタイプの物か分かっていない。ZEOvitなどのゼオライトを使用するシステムでKの濃度を気にするように書かれていることから、Kベースでないような気がする。
以前に、Clinoptilolite(クリノプチロライト)のイオン交換の親和性は、
Cs+ > Rb+ > NH4 + > K+ > Na+ > Li+ > H+ >> Ba2+ > Sr2+ > Ca2+ > Mg2+
であるとアドバイスを受けました。前回の記事を書いた2009年当時は、カルシウムイオン(Ca2+)に比べてNH4が優先的に吸着されることしか注目していませんでした。が、ここ1年ほど違うことが気になり始めました。それは、ゼオライトはNH4以外もイオン交換で吸着するのでは?ということ。そこで、この親和性の並びを見ておもったことは、K+(カリウム)、Ba2+(バリウム)、Sr2+(ストロンチウム)、Ca2+(カルシウム)、Mg2+(マグネシウム)も結構積極的にイオン交換でゼオライトに吸着されるのでは?ってこと。Coral誌でも書かれているように、「ゼオライトを使用するシステムでは、カリウム濃度に注意する」ってことにも、ゼオライトがカリウムを吸着すると解釈しても良いとかも(Coral誌の記事では、ゼオライトを使用しないバクテリオプランクトンシステムでのカリウムの減少は言及されていない)。
ZEOvitで色々な添加剤を積極的に使用するのは、必要な微量元素までイオン交換で吸着されてしまうため、水換えだけでの微量元素補給だけでなく、サンゴの状態を見ながら各種添加剤で必要な微量元素を添加するためだと感じました。
BioPelletsやウォッカ添加、VSVメソッドなどは、バクテリアを繁殖させてリン酸などを減少させますが、イオン交換による吸着は発生しません。ここにZEOvitとBioPelletsの大きな差があるのではないかと。←すでに当たり前のことかも知れませんが。。。

次回は、海外でのゼオライトの使用方法について。

投稿者 TAKA : 2011年4月 9日 13:14

コメント

TAKAさん
こんにちは

今回の震災で被害が出た福島の原発事故のセシウム除去に仙台愛子産の天然ゼオライトで吸着させて除去する案がでているみたいですょ。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110407-OYT1T00767.htm?from=main1

投稿者 マーシー : 2011年4月 8日 22:00

イオンクロマトと同じような原理だとすると、イオンの大きさや条件によって吸着のされやすさが変わってくると思います。クロマトだと移動相組成、pH、イオン交換樹脂によっても分析対象のイオンの分離が変わってきますし。私にはできませんが、pHや海水の組成によって化学的な考察をするとその辺りのからくりが明らかになるかもしれませんね。

投稿者 けんヂ : 2011年4月 9日 06:48

マーシーさん、
有効利用できれば良いですよね!

けんヂさん、
もうこのあたりになると、何を言っているのか分かりません。。。(涙)

投稿者 TAKA : 2011年4月11日 10:11

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)