« ポーランドの劇美BioPellets水槽 | メイン | 水槽内のバクテリア量は自然の10分の1 »

2011年3月 1日

RedSeaのカリウム試薬の記事に対する訂正

以前の記事でRedSeaのカリウム試薬を試した結果、水槽内のカリウム濃度が「320ppm以下」と書きました。ところが良く表を見てみると結果の見方を間違っていました。正確には、「467ppm以上」でした。
最後に試薬を一滴ずつ入れていくのですが、それを一滴も入れないうちから最終的な色になってしまっています。この反応が正しいのか?なので、RedSeaに直接問い合わせたいと思います。
因みに、作りたての人工海水などもはかりましたが、同様の結果でした。まあ、作りたての人工海水を基準に、それよりもカリウム濃度が低いのかは見れますが、正確な値は?です。他社のカリウム試薬もそうですが、少し精度に問題があるような気がします。天然海水で380ppmあたりといっているのに、実際の値が467ppm以上もあったらまずいでしょう。技術的にカリウム測定が難しいのは分かりますが、それが市場に出回っているのが・・・な心境です。
もしあれなら、基準となる液(400ppmのカリウム溶液)を付属させて、それを基準に水槽のカリウム濃度の高い低いを判断する方が良いような気がしてなりません。このあたりどうなんだろうなあ。決して安い買い物ではないですからね。

投稿者 TAKA : 2011年3月 1日 13:35

コメント

私はRedSeaのマグネシウムテスターを数ヶ月前に初めて使ってみましたが 測る度に 数百ppmの違いが出て まったく正確に測る事ができませんでした
こんなの「テスター」と呼べるのかな?、と思いましたし 2度と使ってません

投稿者 狩人 : 2011年3月 1日 07:52

狩人さん、
個人的にはSalifertの試薬を信頼しています。理由は、外部の検査機関にお願いした水質検査とあまり差がなかったからです。
RedSeaの新しいバージョンのCa試薬はかなり高めに値がでる感じがします。家の水槽のCa値が700ppmとでましたし、作りたての人工海水も600ppm以上と出ましたから。もう少し検証が必要かと考えます。同じRedSeaの新しいバージョンのKH試薬はSaliferとやHannaのデジタルチェッカーとほぼ同じ値を示しましたので、問題ないレベルだと思っています。
RedSeaの新しいバージョンのMgも購入していますので、Salifertと見比べたいと思います。

投稿者 TAKA : 2011年3月 1日 11:48

あ、Mgもあるんですね
また結果を教えてください!!

正直なところ 使い方が非常に難しかったです

投稿者 狩人 : 2011年3月 1日 23:20

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)