« デジイチで撮ってみた | メイン | RedSeaのカリウム試薬の記事に対する訂正 »

2011年2月28日

ポーランドの劇美BioPellets水槽

RCで劇美BioPellets水槽が紹介されていました。どちらもポーランドの方の水槽だそうです。一番上の水槽はMA誌ではZEOvit水槽と紹介されていましたkrzysztof氏のものですが、現在はBioPellets水槽に変更されているようです。メンテナンスの部分でBioPelletsに変更したと書かれていました。
どの水槽も最低数ヶ月、幾つかは1年以上維持されているようです。BioPelletsの種類はNP Reducing BioPelletsだそうです。BioPelletsは、リアクターの中で良く撹拌されている状態だそうです。スキマーは強力なもの、KHは7−8だそうです。

Krzysztof Tryc 氏の水槽
krzysztof.jpg

Andrzej N.氏
andrzejx.jpg

Grzegorz B.氏
grzegorz.jpg

Ireneusz H.氏
ireneusz.jpg

Dariusz L.氏
dariusz.jpg


参照
http://www.reefcentral.com/forums/showpost.php?p=18408669&postcount=3548

投稿者 TAKA : 2011年2月28日 15:02

コメント

水環境に恵まれ、かつ天然海水がいつでも入手できる日本でこんな水槽をキープしている人が何人いるのでしょう。特に1番と3番。硝酸塩とリン酸塩だけの問題ではないような気がしてなりませんが人口海水や照明や添加剤などなど・・・興味が尽きませんね。
実物を見てみたいものです^^

投稿者 Tank : 2011年2月27日 20:28

Tankさん、
この人たちの水槽維持のコツとか知りたいですよね。あと、彼らが当たり前にやっている事が、もしかすると日本ではまったくやられていない事があったりするのかも。
この水槽の方ではないですが、ある方は毎週底砂を少し手で掻き混ぜて、バクテリアが偏らないようにしていると聞きました。こんなのは個人的には聞いた事がなかったです。底砂を撹拌する生物とは別に行うと書かれていたと記憶します。

投稿者 TAKA : 2011年2月27日 21:21

BioPelletsでもこんな激美水槽維持できるんですねー。
欧米のPelettsな人達は、ZEO添加剤の併用とか、TAKAさんのようにカキやアサリをミックスしたサンゴ用の餌を与えてる方が多いんでしょうか?

日本ではZEOで成功されてる方はいらっしゃいますけど、BioPelletsで檄美! っていうのはまだあまり聞かない気がします。ZEOのようにマニュアル化されてない分、最適な給餌方法が知れ渡ってないのが要因かもしれないですね。

投稿者 johnny : 2011年2月28日 02:45

ほんと国によって常識が大きく違うかも知れませんよね。水流が強くてデトリタスがたまらない環境なら砂の掻き混ぜもありなんですかね。
やりたくても出来ない事もありますからねぇ。
お金の問題もさることながら、家庭環境や水槽内の生体による足かせ・・・やりたいことが一杯ありすぎて(泣)
嫁が一番の足かせ(核爆)

投稿者 Tank : 2011年2月28日 04:13

確かに本人達が気付いていない何かがあるのかもしれませんね。同じことを本を読んで同じようにトレースしても上手く行きませんから。KH一つとっても、ある人10~11くらい必要だというし、ある人は7~8くらいだというし。
だけど私は無精者で、一つ一つ記録をとるほどマメではないので、上手く行ったときも失敗したときもわからないくて、何故か成功ばかりじゃなくて失敗ばかりを繰り返しちゃいます^^;

投稿者 けんヂ : 2011年2月28日 06:05

こんにちは、TAKAさん
おどろきです。
日本と何が違うんですか
どの水槽も日本だったら、一・二位を争うと思います。私が見ている範囲では
この水槽をどうやって作り上げ、維持しているかを知りたいです。

投稿者 taku : 2011年2月28日 06:12

何やらkrzysztof氏が各水槽の詳細をRCで書いてくれるようなので、またアップデートしますね。
2人を除いた全ての人がT5だけで維持されているようです。
誰一人としてオゾンは使用していないようです。

投稿者 TAKA : 2011年2月28日 11:12

こんにちは、遅いコメントになりますが
どれも素晴らしい水槽ですね!
中でも1番目の水槽はかなり好きです
個体がどれも大きくてしっかりしていてそれに色もいい感じ・・・いや~すごい!
こういう大きい個体の入っているしかも色の綺麗な水槽は日本ではなかなか見れませんね、と言うか見た事ないかも、本当に飼育の詳細を聞いて見たいですね。
日本語で・・・(笑)

投稿者 Ponta : 2011年2月28日 14:59

全てがそうではないと思いますが、小枝から育てていく文化の中で、全てに共通してサンゴが大きく、時間の経過を非常に感じます。日本のように調子が悪くなったら安易にリセットするスタイルではここまで到達するアクアリストの確立が極めて少ないのではないかと。
数日、数ヶ月の色変化もありながら、数年掛けて大きなベースが変化していくのではないかと。これを自転と公転という見方をすれば、短周期の自転ばかりを見てあたふたしているような気がしてなりません。

投稿者 Tank : 2011年2月28日 20:42

Pontaさん、
確かにここまで大きい個体は中々みないですね。

Tankさん、
なるほど〜って思いました。確かに海外では長い期間をじっくり見る感じましますね。サンゴも小さい破片から育てるのが多いですしね。う〜ん、非常に考えさせられました。

投稿者 TAKA : 2011年2月28日 21:40

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)