« 水温を上げた結果。。。 | メイン | T5蛍光灯は長さでPAR値が違うのか? »

2011年1月14日

T5のDIYキット届いたよ~

がんばってT5のDIYキット購入しました。本当に自分の実験目的でしかないからねえ。。。これで暫く遊べそうです。
早速板に取り付けたりしたのですが、昨晩は時間切れで24WのT5まで設置できず、54Wだけ板に取り付けることができました。何もしないのも嫌だったので54Wで反射板有り・無でのPAR値を測定してみました。結果は以下の通り。

54W T5の反射板実験
反射板有り:140μmol・m-2・s-1
反射板無し:60μmol・m-2・s-1

値的には2倍ぐらい違っていますね。当たり前のことですが、いかに反射板が大切かが分かります。また、反射板の構造・反射率などにもよってPAR値は大きく変わることでしょう。
測定箇所は、ど真ん中の一番PAR値が高いところで行いました。また、球は青球と赤球の2球です。

さて、今日、明日中に24Wと54WのPAR値の差について実験したいです。

投稿者 TAKA : 2011年1月14日 10:20

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)