« T5の色合い | メイン | スペクトラム特性でみるT5蛍光灯 »

2010年12月07日

T5蛍光灯のアドバイス by Grim Reefer Part3

さて、Grim Reefer氏のT5の記事も一応今回でラストです。今後は私が疑問に思っていることなどを実験したり、Grim Reefer氏に聴いてアップデートしていきたいと思います。
今回は以前まで紹介した球の種類にはどういったブランドのものがあるのか書きます。

1.Actinic 03 Violet(紫) 420nm球
PAR値は低いが蛍光色のためにはよい。
ATI True Actinic 03
Current 420 Actinic
Giesemann Pure Actinic
Ice Cap Actinic
UVL Super Actinic

2.Blue 440~460nm 球
PAR値は高く、蛍光色に非常に有効
Aquascience 22000K Blue
ATI Blue Plus
Current 460 Actinic (Not as strong in PAR as the others)
Giesemann Actinic Plus
Ice Cap Twilight
UVL 454 Blue

3.50/50 daylight/actinic 混合球
PAR値は高く、DaylightとActinic球の良いとこどり

3-1 青系
Aquascience 15000K Duo (Slightly more Blue and less PAR than the others)
ATI Aquablue
Giesemann Aquablue
Ice Cap Indigo Sun
KZ Coral Light
KZ Coral Light II New Generation (Slightly more blue and less PAR than the others)

3-2 ピンク系
中程度のPAR値で赤系のスペクトルを多く含む
KZ Fiji Purple
UV Lighting 75/25/Ice Cap deepwater (More neutral color less PAR)
UV Lighting Actinic White/Ice Cap Midwater
ATI Purple Plus

4.Daylight球
PAR値は高く、緑、黄色によい
Aquascience 15000K Special (looks to be close to a 50/50, no yellow tint at all)
Current 6700K (I have not seen this lamp)
Current 10K
GE 6500K Daylight
Giesemann Midday
UVL Aquasun/Ice Cap Reefcrest (Pinkish tint good for boosting reds)

注意:
GiesemannからFiji Prupleに似たAqua Pinkなどの球も出ています。上記の表には更新すべき箇所が多々あると思いますので、ご了承ください。

投稿者 TAKA : 2010年12月07日 12:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/736

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)