« 2010年08月 | メイン | 2010年10月 »

2010年09月22日

お魚写真

忙しくて更新が。。。。
写真でごまかしておきます~





2010年09月13日

Coral誌のProbioticsシステムの記事

Probiotics(プロバイオティクス)システムとは、ZEOvit、BioPellets、Prodibioなど現在流行のバクテリアを積極的に増やして栄養塩を下げるシステムの総称です。何故Bacterioplanktonシステムと言わなかったのかはCoral誌にこの記事を書いた筆者に聞いてください(笑)。
ZEOvitに代表されるゼオライトを使用するシステムは日本ではZEOvitだけですが、欧米ではBrightwells社のNeoZeo、FaunaMarinのUltralithなどがあります。また、NP-BioPelletsなどの生分解プラスチックを使ったシステムには、Two Little FishiesのNPX BioPlasticsなどがあります。このあたりの製品群の表は今後作りたいと思っています。

さて、この記事中の中で面白かった部分を少しだけ紹介したいと思います。詳細はCoral誌Sept/Oct 2010版を購入して下さいね。珊瑚の餌やりについての記事も中々面白かったですよ。

1.ゼオライトを使用するシステムではカリウム濃度に注意する。
これ以前から言われていたので注意はしていたのですが、少し以外だったのは「ゼオライトを使用したシステム」と書かれていたこと。BioPelletsやProdibioのシステムでは気にしなくても良いような感じです。同じProbioticsシステムでも湧くPAOの種類などが違うのが原因なのか、それともゼオライト自体のイオン交換によるカリウム減少なのかは?です。

2.Nitrogen limitation問題(N不足問題)
硝酸塩などの窒素化合物の不足に陥ることがProbioticsシステムではあるらしいです。そういう時は、リン酸の値が思うように下がらないときがそれに当たる可能性があるとの事。そういった場合に遭遇した場合は、餌食量を増やしたりアミノ酸を添加すると良いようです。気をつける点は、一挙に餌食量などを増やさないこと。「徐々に」がキーだそうです。
リン酸が下がらないから餌食量も減らすってのが一般的だと思いますが、そうでもないのですね。

3.生分解プラスチックのBioPellets成分
記事中にPHAs(polyhydroxyalkanoates)とPCLs(Polycaprolactone)がBioPelletsに含まれているのでは?とあります。全くこのあたりはチンプンカンプンです。砂糖を細菌発酵させるときにできるとか。うーん、炭素源の匂いがぷんぷんしますね。

参考
http://en.wikipedia.org/wiki/Polyhydroxyalkanoates
http://en.wikipedia.org/wiki/Polycaprolactone
http://en.wikipedia.org/wiki/Alcaligenes_eutrophus

2010年09月07日

BioPellets in 魚水槽

既に1ヶ月以上の前の話になりますが、魚水槽にもBioPelletsを入れました。大体規定量と同じぐらいかなあ。面倒だったので、リアクターなどには入れずにサンプにドボンしました。それから1週間ぐらいで20ppmぐらいあった硝酸塩が10ppmぐらいになりました。リン酸塩もそこそこ下がりましたが、ある程度下がってから下げ止まり。
魚水槽ってこともあり、餌食量はかなりあります。やどかりなども入れていないので、残餌もかなりあると思われます。しかしながら、現在も硝酸塩は10ppmを維持しております。
残念なことに測定した正確な値や写真などがありません。。。少し説得力に欠けると思いますが、BioPelletsで硝酸塩、リン酸塩濃度を下げることは製品の謳い文句通りだと感じます。ただし、流量、撹拌、BioPelletsの量、バクテリアバランスなど、色々と気をつけなければいけないことはあると思います。

まったく話は違いますが、RO水を貯めている水槽にBioPelletsのビーズが2個ほど落ちてしまいました。気にせずに放置していたら、なんとそこから鼻水上のバクテリアフィルムができていました。

2010年09月02日

魚達~

ハワイアンロングフィン・アンティアス、学名Pseudanthias hawaiiensis (Randall, 1979 )がやってきました。鰭が長くてかっこいい!!!ちなみに実物は初めてです。採取してから2日しかたっていないので、少々減圧症が出ないか心配。餌付けも難しいとの事なのでちょっと心配。

Pseudanthias_hawaiiensis_090210-1.jpg

Pseudanthias_hawaiiensis_090210-2.jpg

ついでに購入したのがポッターとハワイアンフレームラスの雌4匹。フレームラスから雄個体が出るのを実験?するつもりです。しかし小さい。
PotterAndFlame.jpg

下の個体も来ました。これまた小さい!500円玉より少し大きいぐらい。何をあげればいいんだろ?
PygmyAngler.jpg


最後に最近放流したマジョリーズラスの雄個体。

C_majorie_090210.jpg