« 超高性能Hanna リンChecker | メイン | Umbellulifera sp. »

2010年08月03日

機器の使い方

アクア機器の使い方って難しいですよね。私はBullet3スキマーで挫折しましたからねえ。。良いスキマーなんですが、私には難しすぎました。。。CF誌などに調整方法が書かれているので良いですね。

さて、Hannaのデジタルリン酸測定器も日本で販売開始され、結構な勢いで売れているようですね。こいつを使って暫く経ちますが、使い方やメンテの仕方で色々と知りたいことが出てきています。以下がその項目。
1.海水を入れるガラス管は、測定前に布などで綺麗にする必要があるのか?
及光器なので光によって値を判断します。そうするとガラス管が汚れていたりすると正確に測定することができないのです。上位モデルのHanna HI 93713では、測定前にはガラス管を布で綺麗にすることを進めています。それを考えるとこの廉価版もしたほうが良いと考えます。

2.本体のガラス管を入れるところに水が入ってしまったら?
これ実際やっちゃったんですよねえ。。。ガラス管の蓋がちゃんとしまっていなかったようで、測定してガラス管を本体から出したらガラス管が濡れていました。。。下手に掃除して変になるのもいやだったので、放置しました。真水だったらいいけど、海水だから心配。これどうやって対処したら良いんだろ?

3.改善して欲しい項目
1つ目は、試薬を入れてガラス管を本体に設置後は、ボタンを長く押してカウントダウンモードに行きますが、偶に長く押すのを忘れて試薬がパーになることがあります。慣れれば忘れないのかもしれませんが、個人的には改善して欲しいです。
もう1つは試薬の袋。ガラス管に入れるときに中々袋から試薬が出てこないため強くパンパンすると試薬がガラス管からこぼれてしまいます。もう少し、サッと出てくる袋にならないかなあ。

まあしかし、この機器はすごいな。硝酸塩測定器が出たら即効で買うね。これ使うとアナログ式に戻れないかも。。。

投稿者 TAKA : 2010年08月03日 09:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/701

コメント

その節はお世話になりました。m(_o_)m
HANNA HI713ですが、タイマモードがカウントアップした後、数秒?でオートパワーオフが効いてしまう(結果が数秒しか見れない)のですが、コレなんとかならないッスかねぇ?マニュアルとかにはそのあたり何も書いてないし。(´・ω・`)

投稿者 さえぱぱ : 2010年08月03日 18:52

さえぱぱさん、
それ書き忘れてました!そうなんですよねえ。最低1分ぐらいは表示し続けて欲しいです。
まあ、徐々に改良されたりするんじゃないですかねえ。

投稿者 TAKA : 2010年08月04日 12:44

ご無沙汰しています。
こういう呈色試験のときって反応させてからの時間によって精度が影響されるので、ある意味タイマーを使って時間を区切る方が正確な値が得られる、とメーカーが判断しているのでは?
セルは傷がつくと精度が悪くなるので、拭くときには注意した方が良いですね。セルの材質は石英なんて高価なものは使わないだろうから、ガラスかプラだと思いますが、アルカリに腐食されるので、海水を使う場合は真水でよく洗って乾かす、っていうようなことが取説に書いてあったりしません?

投稿者 けんヂ : 2010年08月07日 06:11

けんヂさん、
どうもです。
説明書をさくっと見たところ、ガラス管を本体内に入れるときは、ガラス管に水がついていないことを確認するように書かれていました。ただ、そうなってしまったときの対処法は書かれていませんでした。
また、ガラス管に指紋などがついていると正確に測れないので、しっかりときれいにするようにも書かれていました。

投稿者 TAKA : 2010年08月09日 13:50

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)