« BioPelletsの類似品 | メイン | 日本のZEOvit水槽 »

2010年05月20日

バクテリアは意外なところからやってくる

少しバクテリアフィルムのことを調べていたら面白い記事を発見!Alcaligenes faecalis(アルカリゲネス‐フェカーリス)っていうバクテリアが水槽内に入ると?変なバクテリアフィルムが蔓延することがある、というもの。Alcaligenes faecalisの特徴ですが、アルコール内で生きる事ができ、しかも空中を浮遊しているそうです。じゃーそのアルコール内で生きているバクテリアがどうやって水槽内に入るのかというと、部屋の脱臭剤やカーペット用洗剤など。
実験では、ある一定の揮発性有機化合物(volatile organic compounds:VOCs)やフタル酸エステル類(Phthalate、 化学式: CnH2n+1)濃度の下では、Alcaligenes faecalisが原因と思われるバクテリアと非常に似たバクテリアが蔓延するようです。見て分かるようにフタル酸エステル類は炭素源?と思われます。この形の炭素源を添加するとAlcaligenes faecalis類のバクテリアが繁茂するようですね。
Alcaligenes faecalisのバクテリアフィルムは本来白色なのですが、有機物などが付く?のですぐに茶色になってしまうようです。下の写真がそれです。ん?これってどこかで見たような。。。あ!メンテを長期間しないとこのバクテリアが家の水槽に出ています!きゃーーー!

Alcaligenes faecalis.jpg

参考
http://en.wikipedia.org/wiki/Phthalate
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8F%AE%E7%99%BA%E6%80%A7%E6%9C%89%E6%A9%9F%E5%8C%96%E5%90%88%E7%89%A9
http://www.coralmagazine-us.com/content/mystery-white-reef-slime
http://www.coralmagazine-us.com/content/mystery-white-reef-slime-part-ii

投稿者 TAKA : 2010年05月20日 14:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/681

コメント

ああ、こんなの
炭素源の培養添加のボトル内にいっぱい出てきます
アルコールは結構使ってますね

投稿者 狩人 : 2010年05月20日 19:48

狩人さん、
見た目すべて同じようなバクテリアフィルムになるんですかね?記事中のものはサンゴに有害と書いてありました。そのもの自体が有害なのか、サンゴを覆うから有害なのかは分かりませんが。

投稿者 TAKA : 2010年05月21日 11:09

こんなん、うちのサンプにも出てることがあります!
フタル酸エステルはプラスチックにはごく一般的に使われている可塑剤なので、混入経路は多々あると思いますが、そんなにバカみたいな濃度が出てくるとは思えませんので、原因はそれだけではないのでは?消臭剤って、臭いを消したり殺菌したりする方法(通常4級アンモニウム塩やアルコールなど)と臭いをマスキングする方法(香料)がありますが、香料なんていろんな成分の混ざりモノなので、実は女の人が使ってる香水(アルコールと香料の混ざり物)なんかもバクテリアの栄養になっていたりして。
だけどそんな成分でバクテリアが増えるんだとしたら、随分閾値が低いんですね。部屋の空気もナチュラルにできないと、良い水槽の環境はできないって考えると空気の悪い我が家では・・・(涙)

投稿者 けんヂ : 2010年05月22日 10:36

けんヂ、
換気は非常に大事だと感じます。空気の流れが悪いと、空気中の招かざるものが水槽に溶け込みそうですね。まあ、アメリカの脱臭剤とかは強力そうですからねえ。。。

投稿者 TAKA : 2010年05月22日 21:02

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)