« 書き込み禁止 | メイン | フレームラス動画(3月版) »

2010年03月07日

新コラリアPH

新しい物好きの私らしく、新コラリアPHを入手しました。今回の改良点は、以下のもの。
1.小型化
2.消費電力が前モデルと比較して50%以下
3.ウェーブコントローラに接続可
4.新インペラー採用

一番興味が引かれたのは2と3。3は、旧モデルでも大丈夫と言われる方もいますが、メーカーの仕様に入っているは大きいかと。現在うちには使用していないRed SeaのWavemaster Proが2台もあります。VortechやWavebox nanoに変更してからまったく使用しておらず、物置小屋の肥やしになっておりました。こいつを何とか使用したかったので、3の対応が非情に私にとってはプラスでした。

で、早速旧モデルと新モデルをWavemaster Proに接続してその動作を見てみました。初めは、新モデルだけをつけて実験したのですが、やはり停止時から回るときに「カチッ」っていう音がします。次に旧モデルとをつけて実験しました。こちらのほうは更に大きな音がなり、しかもインペラーがぶれる?時が多々ありました。この辺りが改良されたところなのでしょうかね?マキシジェットをWavemaster Proにつけて使用していたときと同じぐらい、もしくはそれより小さい音が新モデルからします。

個人的に気に入っている改良点の一つが、ヘッド部分のプラスチックの構造です。前回は、ひねって取り付ける感じでしたが、今回は2つの爪で引っ掛けるようにするものです。前回のものがなかなか取り付けられなかったので、今回の改良は非情にうれしいです。

korali-evo.jpg


パッケージには日本語の説明も載っていたので、近い将来に日本でも販売されることは確かでしょう。ただ、付属の説明書には日本語説明がありませんでした。日本での販売時には付け加えられると良いなと思います。

因みに新商品にも拘らずすでに10%OFFをしているショップがあったので、そこで購入しました。非情にラッキーでしたね。

投稿者 TAKA : 2010年03月07日 17:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/665

コメント

おっ、間欠運転に耐えられるようになったんですか?

それは良いですね
コラリアはパワフルで好きなPHです

投稿者 狩人 : 2010年03月07日 19:49

狩人さん、
そうです、間欠運転をサポートしたようです。ですが、どの程度の間欠に耐えられるかは?です。

投稿者 TAKA : 2010年03月07日 20:34

こんにちは。

間欠運転の可否は最重要ですが、カバーの取付方法の変更も見逃せませんね。というのは私は2も3もシャフトを折りましたから。
掃除するときの分解・再組立はめちゃ緊張します(笑)
2は以外に水流が弱いなんて意見をたまに聞きますが、プロペラ小さすぎ!! ですよね。あれも改良して欲しい。
2のモータ・筐体でプロペラ大きくしたら”新型3”でいけるんちゃうかな(爆)

投稿者 Tank : 2010年03月07日 21:01

うちはnanoを使っていますが、間欠運転可能になってたのでしょうか?
nanoだけはクラッチ機構が違ったようで、あっという間に壊れました(さすがに1秒以内でのオンオフは仕様外なんでしょうけどねw)

最終的にコントローラー側でパスルを生成して、強弱(オンオフではなく)を付けることにしました。

狭い住宅環境に置ける小さな水槽にはnanoのコンパクトさは魅力なんですよねぇ~

投稿者 つっち : 2010年03月08日 04:16

Tankさん、
旧型のシャフトは非常に細いですものね。
確かにプロペラをもう少し大きくすると良さそうな気もしますねえ。誰か大きなプロペラを自作して実験してくれないですかね?

つっちさん、
新型のNanoは、間欠運転に対応していません。Nano以外の新型は、間欠運転に対応していますが。つっちさんは、自作のエキスパートなので、なんでも自由にできそうですね。

投稿者 TAKA : 2010年03月08日 09:52

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)