« pHとORPのProbe | メイン | オーストラリア産 Balanophyllia spのその後 »

2010年02月21日

自作カリウム添加剤

しかぱっちさんに触発され、私はなんとかカリウム添加剤の自作ができないか調べておりました。Brightwell社のポタシオンの成分を見てわかるように塩化カリウム(KCl)と硫酸カリウム(K2SO4)の混合液になっております。ただ、どのような割合で入っているのかわかりませんでした。
RCで少し調べていると、どうやら1:7=硫酸カリウム:塩化カリウムの割合が良いことがわかりました。何故1:7?それは、ClとSO4の海水中の割合が1:7だからです。なるほど。イオンのバランスを取るためね。塩化カリウムだけでも良いような事が書かれていましたが、ここはもう少しこだわりたかったので、塩化カリウムと硫酸カリウムの混合液にすることにしました。
私が作成したいのは80,000ppmのカリウム濃度の添加剤です。いろいろ自分で計算していたのですが解らなくなり、RCで質問することに。で、得られた回答は簡単な計算方法。厳密にはClとSO4の重さに対しての1:7なのですが、硫酸カリウムと塩化カリウムの濃度比でも非常に近いとの事。その言葉を真に受けて以下のように計算していきました。

80,000ppm
硫酸カリウム:塩化カリウム=1:7=10,000ppm:70,000ppm

原子量・分子量
K 39.0983
Cl 35.453
SO4 96.065
KCl 74.5513
K2SO4 174.2616

硫酸カリウムと塩化カリウムの重量比
K/KCl =0.524448266
K2/K2SO4=0.448731103

塩化カリウム
70,000ppm=70,000mg/L=70g/L のカリウムが必要。
⇒70g/L ÷ 0.524 = 133.47g の塩化カリウムが必要。

硫酸カリウム
10,000oom=10,000mg/L=10g/L の硫酸カリウムが必要。
⇒10g/L ÷ 0.449 = 22.29g の硫酸カリウムが必要。

さてここからコスト比較。
塩化カリウムが大体5LB(2268g)で20ドル。(安い!)
硫酸カリウムが大体500gで14ドル。
どちらも純度99%以上。
塩化カリウムを5LBすべて使用するとすると、硫酸カリウムは379g必要。これから約17㍑の80,000ppmのカリウム添加剤が作れます。リットルあたりの価格は、$34/17L = $2/L 安い!
それに対してBW社のポタシオンは2Lで$27.00。ってことで、$13.5/L。 高い!

予想外に自作したほうが劇的に安いです。まあ、塩化カリウムと硫酸カリウム自体の値段が安すぎるんだと思いますが。。。ここまでとは。。。
私がカリウム添加剤の自作を考え始めた一番大きな理由は、ポタシオンの製品にはかなり硬くて大きな沈殿物があるからです。害はなさそうですが、気分的に良くない。

注意:
あくまで私のメモみたいなものですので、参考にされる場合は自己責任でお願いします。

投稿者 TAKA : 2010年02月21日 14:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/658

コメント

添加剤を自作できると良いなと思いますが、日本では塩化カリウムや炭酸カルシウムのような、食塩に毛の生えたような試薬でさえ、その辺のドラッグストアでは売ってもらえません。
昔ながらの薬局の方が売ってくれるかも。

投稿者 けんヂ : 2010年02月23日 05:07

けんヂさん、
ラボレベルは難しいかもしれませんね。でも塩化カリウムなどは食品レベルなら日本でも通販で購入可能なようです。まあ、このご時勢なのでねえ。
USは薬の販売基準も低いですねえ。

投稿者 TAKA : 2010年02月23日 10:12

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)