« マグネシウム添加をどうするか | メイン | PAR値とLUX値 »

2010年01月30日

Brightwell社のNeoMag(マグネシウムメディア)

早速Brightwell社のNeoMagを購入してきました。購入する前に少し調べたのですが、どうやらこのマグネシウムメディアはドロマイト(dolomite)と言う物らしい。ちなみに化学式はCaMg(CO3)2だそうです。化学式を見て分かるように、マグネシウムイオンと同時にカルシウムイオンと炭酸水素イオン(HCO3-)を添加できそうです。
CaMg(CO3)2 + CO2 + H2O → Ca2+ + Mg2+ + 2HCO3- かな?ちょっと自信なし。
因みにカルシウムメディアの反応は以下の通り。  
2CaCO3 + CO2 + H2O → 2Ca2+ + 2HCO3- 

Brightwell社のNeoMagのページに面白い記述を発見。マグネシウム濃度が低いとカルシウムイオンと炭酸イオンは急激にくっついてしまう。その事によりカルシウム濃度とKH濃度も下がってしまう。マグネシウム濃度が1290ppmに近くないと、カルシウム濃度は絶対に412ppmを超えることはないらしい。マグネシウム、カルシウム、KHがバランス取っているのは知ってましたが、具体的な値を見たのは初めてです。
ってことは、マグネシウムが必要以上に消費される環境では、しっかりマグネシウム濃度を維持してあげないと、KHやカルシウム濃度も下がってしまうということです。これは、バクテリオプランクトンシステムを運用している人は要注意かもしれませんね。まあ、商品名に「Neo」が付いているぐらいなので、バクテリオプランクトンシステムであるNeoZeoシステムと併用することを意図してそうですが。

NeoMagは、カルシウムメディアに対して体積比で1:9の割合で入れるようです(Mgが1です)。なんか化学式だけ見るとカルシウムメディアなしでNeoMagだけ入れておいたほうが効率よいような気がしますが、マグネシウムの消費量はもしかするとカルシウムやKHに比べて少ないのでNeoMagだけだとマグネシウム濃度が高くなりすぎるのかもしれません。この辺りは勝手な憶測です。Brightwell社のページには、1:7を上回るとKHが目標値よりも上がってしまうようです。気をつけないといけないですね。

NeoMag.jpg

Dolomite.jpg

投稿者 TAKA : 2010年01月30日 22:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/651

コメント

TAKAさん、こんばんは。
Mgが低いとどうとかってよく言われることですが、高すぎるとどういう影響があるのでしょうか。自分の水槽が高すぎるというわけではなく、単なる疑問です。

投稿者 Tank : 2010年01月31日 06:18

Tankさん、
ん~どうなんでしょうかね。記事の最後の文、「1:7を上回るとKHが目標値よりも上がってしまうようです。気をつけないといけないですね。」がそうかもしれませんね。初めはマグネシウムメディアからの炭酸水素イオンの溶け出しが問題かと思いましたが、もしかするとマグネシウム濃度が揚がることで、KHのバランスが取れる上限も上がってしまうのかな、と考えられなくもないです。
色々探しているのですが、Ca,Mg,KHのバランスを具体的数値で示したサイトが見つからないのですよねえ。

投稿者 TAKA : 2010年01月31日 07:30

おはようございます。
ドロマイトは日本では苦土石灰(くどせっかい)
として園芸用にしようされているみたいです。
水にとけると強アルカリみたいです。

投稿者 sugeno : 2010年02月01日 16:57

うんうんなるほど。
上限が上がるということでしょうね。

投稿者 Tank : 2010年02月02日 05:03

Mgメディアはリンが溶け出すという
噂を耳にしたのですが
ZEOvitだとそれほど問題にならないかも
しれませんね
自分もMgリアクターを増設しようか思案中です
設備投資が終わらないorz

投稿者 sebae : 2010年02月02日 06:59

sugenoさん、
強アルカリってことはpHを押し上げるのでしょうかね?園芸用で使用するのはいくつか読みました。結局、肥料のようですね。

Tankさん、
上限があがるのもそうですが、同じようにKHをあげようとしても、思った以上にあがってしまうのかもしれませんね。

sebaeさん、
リンは含んでいそうですね。まあ、どのくらいってのがキーですが。
Brightwell社のものは、底砂に混ぜてしようすることで、徐々に溶け出さすことも可能なようですが。それなら、設備投資はいらないですね。というか、Caリアクターをお持ちなら、Caメディアの上にいれるだけでよいですよ。

投稿者 TAKA : 2010年02月02日 12:19

たぶんそのメディアですがドロマイトではなくドロマイトを焼成した軽焼ドロマイトだと思います。焼成すると二酸化炭素が飛び、CaOとMgOになります。強アルカリゆえ入れすぎ注意なのではないかと妄想しています。
我が家では低Mgなのになぜか高Caがほとんどなのですが、ムムム。。

投稿者 しかぱっち : 2010年02月03日 00:09

しかぱっちさん、
軽焼ドロマイトですかあ。でもなぜ軽焼ドロマイトにする必要があるんでしょうかね?ドロマイトなら、KHもあげれるのに。あえてそれを外した?
pHやKHとの関係もあるので難しいですね。バランスを崩すと戻すのが大変です。

投稿者 TAKA : 2010年02月04日 13:10

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)