« ZEOvitは面倒くさい? | メイン | Robertus's tank »

2009年12月14日

LRは良くてLSは何故駄目?

ZEOvitのマニュアルにありますが、「良質のライブロックを使用する」とあります。それに対して、ライブサンドは「ZEOvitで活躍するバクテリアと競合するので使用するべできでない」とあります。ライブロックにも十二分のバクテリアが繁殖していると思うのですが、何がライブサンドと違うんでしょうかね?一度、ZEOvitフォーラムにも質問したことがありますが、誰も回答してくれませんでした。
ライブロックに比べるとライブサンドのほうが、格段に多くのバクテリアが含まれているというのなら納得ですが。。。

投稿者 TAKA : 2009年12月14日 12:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/627

コメント

TAKAさん、

こんにちは。

バクテリアが多すぎると水槽の容量に対して満杯になってしまい、バッファーがなくなってしまって、逆にバランスを崩しやすいとか?意図するバクテリアが均等に増えてくれればいいのかもしれませんが、意図しないバクテリアが急激に増えたり、意図するバクテリアの中でも特定の種類だけが増えてしまうとか?適度な数のバクテリアが良いのかもしれませんね。

でも、ライブロックに存在するバクテリアとライブサンドに存在するバクテリアにはどんな違いがあって、どんなバクテリアが競合するのか、個人的には興味があります。

どなたかご存知ないでしょうか?

投稿者 けんヂ : 2009年12月14日 21:23

あ、ZEOvitって砂ダメなんですか!?
なんでだろう。。。
撹拌したコロニーが砂に定着しないようにとか、それによってゼオライト筒側での制御が鈍くなってしまわないためとか、何より砂は好気・嫌気の多種多様な細菌の温床になりますから極力競合を排除したりそれらの作用を無くしてゼオライトのみの反応で水質を支配したいとか、そういうことかしらね。

投稿者 エイジ : 2009年12月15日 00:43

皆さんの仰っている通り
LRよりLSの方が嫌気域が多い分バクテリアバランスが崩れる可能性が高いのだと思います
確か好気域と嫌気域で役割を変えるバクテリアとかもありましたよね?

新規立ち上げ以外では必然的にLSが入った状態でのZEOスタートになりますよね
途中からZEOを始めるのが難しいのがその辺りにあるのかも

とりあえず、自分もZEO始めてみます

投稿者 ベル : 2009年12月15日 04:13

けんヂさん、エイジさん、ベルさん、
ZEOvitでは、「ライブサンド」は駄目だけど、薄めにですが底砂は引きます。4mm前後の大きさで2-3cmひくように書かれています。これだと、あまり嫌気域が大きくならないのかなあ?
LSのほうがLRより嫌気域が大きいというのは、意外でした。表面積から考えると圧倒的にLRのほうが大きいですので、てっきりLRのほうが大きいと思いました。
確かに途中から始めると、いろんな意味で難しいかもしれませんね。

ベルさん、
ZEOvitがんばってくださいね!

投稿者 TAKA : 2009年12月15日 17:23

>LSのほうがLRより嫌気域が大きい
LRの嫌気域の方が安定性があり、LSの嫌気域は流動的だということだと思っています
LRの内部を攪拌する生物は少なそうですが、
LSの中にはたっぷりウネウネ系がいらっしゃいますしね
間違っていたらゴメンナサイ

うちの水槽は5cmほどパウダーより一番手上の砂を敷いているので爆弾たっぷり
ZEOリアクターも設置したのであとはKHを落とすことと&税関でNEOZEOが引っかからないことを祈るばかりです

投稿者 ベル : 2009年12月16日 05:55

ベルさん、
>LRの嫌気域の方が安定性があり、LSの嫌気域は流動的だということだと思っています
>LRの内部を攪拌する生物は少なそうですが、LSの中にはたっぷりウネウネ系がいらっしゃいますしね
あーなるほど!なんとかなくですが、理解できたかもです。ありがとうございます。

NeoZeoが税関でひっかかることはないでしょう。プラジカンテルっていう薬も問題なしで通っていますから。

投稿者 TAKA : 2009年12月16日 15:40

確かに
砂濾過は水族館や昔メルリンだかという名前で出回ってるくらいバクテリアの生息数の
多い物ですが
大きな多孔質ブロックを2~3個濾過槽に
放り込んでおいても心もとない気がしますから
表面積&バクテリア数は砂の方が圧倒的に多そうですね

投稿者 sebae : 2009年12月17日 08:17

sebaeさん、
返信がおそくなりました。
CF誌にアキュリのろ過システムが出ていましたが、結構小さい多孔質ブロックでかなり水量を処理していたと記憶します。まあ、今回のケースと対比できるかは?ですが。

投稿者 TAKA : 2009年12月24日 17:07

アキュリさんの濾過材少ないですよね
実際に水量と生体数で必要な表面積というのはそれほど必要ないのかもしれませんね
あまりに密に濾材を敷き詰めても目詰まりして
効率が落ちますし
淡水等ではあまり多孔質濾材を入れすぎても
良く無いという意見も聞きます
なので大量に表面積を持つライブサンドには必要以上にバクテリアが含まれてしまうためにZEOvitと競合してしまうのかなと思います

投稿者 sebae : 2009年12月27日 05:29

sebaeさん、
なるほど。しかし、KZ社はもう少し説明して欲しいですね。それとも明かしたくない秘密が隠されている?

投稿者 TAKA : 2009年12月27日 17:08

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)