« DOCとサンゴの死について | メイン | USにもLedio21が! »

2009年11月02日

白化はいつも同じパターン?

いやー、家のメイン水槽(ZEOvit水槽)ですが、またもや白化が発生!ここ数年の白化パターンを書くと以下の通りです。
1.ポリプワサワサで元気!
2.成長点がアイスブルーになり、色揚げ!
3.ポリプで次第に引きこもり。。。
4.根元から24時間で一挙に白化

一挙に白化と言っても、途中で止まる場合が結構多いです。途中の意味は、50~80%が白化です。面白いのは、一度白化が止まると、そこからの回復も非常に早いです。ただ、成長点がアイスブルーになることは無いですねえ。因みに、白化する前のミドリイシの色ですが、別にパステル調になっているわけではないです。
家で白化するSPSの種類は、ワイルド物のミドリイシに限られています。海でブリードされた固体と水槽内でブリードされた固体は、丈夫なのかまったく白化しません。これは結構面白い結果だな、と捉えています。
考えられる原因は。。。。

投稿者 TAKA : 2009年11月02日 10:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/609

コメント

ご無沙汰しております。(^^)/

このパターンはその生体を入れてどれくらいか?と言う飼育期間のパターンも存在しますか?
しかし、24Hで急にってことは何かに耐えてる状態(サインあり?)で、どこかのスレッシュを超えた時点でもーダメ!って感じで白化するのでしょうか?

ワイルド固有と言うのも興味深いですね。

SPSのポリプは照明が充分な状態で100%近く出っぱなしってのも、サンゴが飢えてる状態で良くないらしいですね。
うちでは夜(非照明時)にワサワサ、昼(照明時)はそれより少ない程度にワサワサってくらいのポリプの運動量?がある時が共肉の艶、成長速度、等々、状態が一番良い様に思います。
自分は未熟なので、その状態に必要なパラメータの理解&コントロールはしきれていませんが。(´・ω・`)
う~ん。SPSの飼育は奥深いですね~。

投稿者 さえぱぱ : 2009年11月02日 19:26

さえぱぱさん、
どうも~
飼育期間のパターンは注目していませんでしたが、今考えると大体2ヶ月ぐらいですかねえ。

ポリプですが、さえぱぱさんが言われているように、「出ている=健康」ではないと思います。ただ、照明が付いているときに出ているから駄目ってわけでもなさそうです。
この辺り、私もよくわかりません。うちのミドリイシはあまりポリプをワサワサ出しませんが、結構健康な個体は多いと考えています。

投稿者 TAKA : 2009年11月03日 11:34

どもども。(^^)/
2ヶ月くらいですか。酷い環境不適応ではないにしても、やはりワイルドだと、ある水槽環境下では順応しきれず、徐々にダメになっていくのかもしれませんね。
そぉ言えば、ダイビングのライセンスは持っていないので、シュノーケリングレベルですが、実際の沖縄の海とか柏島(四国)の海を潜ってミドリイシを観察した感じでは明るい晴天の浅場(水深3mくらい)でもポリプは満開でしたね。あれが100%なのかどーかは判りませんでしたが・・・。
SPSの状態を訴えるサインが細かく読み取れるようになりたいですね。

投稿者 さえぱぱ : 2009年11月03日 18:18

さえぱぱさん、
ポリプが出ているから「元気」ては言えないですね。苦笑
ポリプが出る理由を知りたいですね。

投稿者 TAKA : 2009年11月04日 15:14

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)