« ハギすげー! | メイン | MA誌53号 »

2009年09月20日

KH, Ca, Mg濃度

ZEOvitにしてからBalling methodに変更しましたが、やはりKH,Ca,Mg濃度が非常に安定しています。昨晩久しぶりに自分でこれらの値を測定したのですが、KH=7.2、Ca=400、Mg=1290でした。すべてSalifertの試薬で測定しています。初期にどのくらいの添加量にするのかが面倒くさいですが、これはCaリアクターでも同じでしょう。一度Balling methodの添加量が分かってしまえば、後は空になるのを気をつけるだけです。CO2の添加量を頻繁にチェックする必要もないですし、メディア詰まりも起きませんし。

投稿者 TAKA : 2009年09月20日 07:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/580

コメント

Dear Taka.

What is your dosing schedule of KH, CA, MG?

投稿者 SPSHolic : 2009年09月21日 21:39

添加剤によるKH、Ca、Mgを補充を止め、Caリアクタに浮気した私としては悩ましい記事ですね^^; F社はコストパフォーマンスも良さそうですし、やっぱりそっちにすればよかったかなあ。ドーシングポンプって仕組みがよく分かっていないのですが狂いは少なさそうですか?水量の少ない我が家ではその点だけが心配です。

投稿者 しかぱっち : 2009年09月22日 08:02

Vince,
KH=3x24times/day
Ca=4x20times/day
Mg=3x24times/day
Randy Holmes suggested the dosing rate the following as:
SPS dominated: 1ml/gal for each KH, Ca, Mg
SPS mixed: 0.5ml/gal for each KH, Ca, Mg
From that point of view, my dosing rate is very close to his recommended rate.


しかぱっちさん、
ドージングポンプの正確さは中々のものです。うちは少し高級なものを使用してますので、コントローラ付きで、一日20~24回に分けて添加しています。そうすることにより、水槽内の各濃度の変化が少なくて済みます。(まあ、CaとMgは一度にドバッと入れても問題ないのですがね。)
Caリアクターも調整することに慣れればよい製品だと思いますよ。ベテランさんも多数使用されていますし。添加剤による調整をしている人のほうが少ないような。。。私は、Caリアクターの調整に挫折した人間です。

投稿者 TAKA : 2009年09月22日 08:11

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)