« Jake Adams宅訪問 | メイン | Vortech MP10 »

2009年04月01日

Jakeのテクニック/アイデア

Jakeのユニークなテクニック/アイデアかどうかはわかりませんが、自分が「お!」、「なるほど!」って感じたものを紹介します。


まず上の写真ですが、ラックに背丈の小さいプラスチック容器を置いています。各容器には小さい珊瑚が入っていて、ここで飼育されています。照明はT5っていう蛍光灯(39W)を2灯使用されているだけですが、十分な光のようです。また、各容器はオーバーフロー加工されており、それがサンプに接続されています。
ラックを使用して水槽を多段に設置することにより、小さい珊瑚を育てたり、クサビライシのような平たいサンゴも沢山飼育することができますし、水量も稼ぐことができます。このアイデアは、自分もすぐに取り入れたいと思っています。



次のサンプですが、見て分かるように普通の水槽の中に、小さい水槽が入っています。普通、サンプと言えば小さく区切られていたりすると思います。そのため、個人でサンプを作成しようとすると結構な手間がかかってしまいます。お金をセーブするなら、このような形でのサンプ作成も悪くないかと思いました。よく見るとわかりますが、スキマーからの排水は、小さい水槽に戻っています。これにより、もう一度スキマーで処理される水が多くなります。また、この小さい水槽に本水槽からの汚物が溜まります。
私の場合、このアイデアは第2,3の水槽を設置するときに役に立ちそうです。毎回サンプを作成するのは面倒くさいですからね。



このスキマーを設置している水槽の塩分濃度は、低く設定されているとの事でした。その事により、泡立ちがあまりよくないようです。そのために、スキマーの中に小さい筒が入っています。これにより、塩分濃度が低くてもきっちりスキマーが機能するようです。



このスキマーにはポンプが付いていません。白い配管が見えますが、これはメイン水槽からの落下水です。これだけでスキマーを動作させています。かなり省エネ。
注意:このスキマー(H&S)には、スキマー内を循環させるポンプは付いています。



Vortechのポンプですが、よく見ると水を吸い込むところの格子状のプラスチックが折られています。これにより、水流がかなり増すようです。ただ、小さな魚が吸い込まれる危険性は多くなります。Jakeが言うには、今までそういった事故はないとこのこと。
これはやりたい様な、やりたくない様な。。。このポンプ高いですからねえ。(苦笑) ある意味、取り外し式にしてくれたら良いんだけどね。



最後は、製品の紹介。これサリファートから出ているアミノ酸添加剤です。Jake曰く、今まで色んなアミノ酸添加剤を使用したけど、これが一番目に見えて効果があったようです。臭いを嗅ぎましたが、他のアミノ酸添加剤と違ってすっぱい臭いがまったくしません。
これは、早速昨日から添加しています。KZ社のアミノ酸添加は少し止めます。

投稿者 TAKA : 2009年04月01日 09:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/476

コメント

なるほど〜と何度もうなりながら読ませていただきました。
マニアの方の水槽を見せていただくと発見が多いッスよね^^
我が家もさっそく何点かやってみたいことがありました!

投稿者 たらふく : 2009年04月01日 18:55

たらふくさん、
実行されるのを楽しみにしていますね。
しかし、本当に色々楽しめました。

投稿者 TAKA : 2009年04月01日 19:07

H&S改はウッドストーン入れているように見えますが…インペラーでなくて、エアストーン式に変更してるのでしょうか?

うちも平プラ水槽重ねて、底もの飼育していたことありますが…上からしか生体見えなくて…マニア水槽。笑。日本でいうランチュウ水槽スタイルです。LPSとかには良いですよ。あとメタハラでプラ割れるので、蛍光の方が適しいています。T5なら例外はあるもののSPSもいけますしね。

投稿者 Tetsuo : 2009年04月01日 21:04

Tetsuoさん、
>H&S改はウッドストーン入れているように見えますが…インペラーでなくて、エアストーン式に変更してるのでしょうか?
さすが細かいところまで見られていますね。実物見てきた本人が忘れています。苦笑
循環ポンプを使用していないので、エアストーンを入れています。Recirculationポンプはついています。

>上からしか生体見えなくて…マニア水槽。
これもまさにそのとおりです。一番上のラックの水槽なんて、私には見えませんでしたから。Jakeは190cm以上あるのでちょっと背伸びしたら見えるようですが。

このプラ水槽には、クサビラ、キクメイシ、SPSのフラグが主に入っています。T5の口径の細さにびっくりしました。あんなに細いとは。

投稿者 TAKA : 2009年04月02日 06:01

水槽の中に水槽!

tank in tank!(合ってる?(^^;)

コレは盲点でした!

ちょうどサンプの作り直しを考えてたので、参考にさせてもらいます!

投稿者 あき : 2009年04月02日 07:42

あきさん、
そうです、a tank in a tankです。
リポート楽しみにしています!

投稿者 TAKA : 2009年04月02日 07:47

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)