« Tonga Branch LRがきた | メイン | マメスナの近況 »

2008年08月21日

Balling Light Method from Fauna Marin

Balling Methodでも色んなバージョンがあるものです。今日紹介?するのはFauna Marinというドイツの会社が出しているBalling Light Methodです。何がBalling Methodと違うかと言うとトレースエレメントも同時に添加するというもの。ここで言うBalling Methodとは、かなり昔に開発されたBalling methodのことであり、Ecosyste Aquariumのものとは違います。

Balling Light Method
1.ボトル1- Calciumchloride-dyhydrate: 2kg RO water: 5L
2.ボトル2 - Magnesiumchloride-hexahydrate:2kg Magnesiumsulfate-hepathydrate:250g RO water: 5L
3.ボトル3- Sodium-bicarbonate:500g RO water: 5L

Trace elements
1.Ultra-Trace B heavy metal complex – ボトル1に25ml
2.Ultra-Trace B iodine fluoride complex – ボトル2に25ml
3.Ultra-Trace B strontium barium complex – ボトル1に25ml

Cost analysis
Ultra-Trace B heavy metal complex 500ml - $23.84
Ultra-Trace B iodine fluoride complex 500ml - $23.84
Ultra-Trace B strontium barium complex 500ml - $23.84
Balling Salt 4kg Package (各4kg) - $230.76

例:水量100Gal
Fauna Marinのマニュアルには、どのくらい添加しなければいけないかの記述がないので、ボトル1~3の成分が2-Part Solutionと同じことに注目して、添加量は2-Part Solutionと同じと考える。よって100Galでは1日に各ボトル100mlの添加が必要。
各ボトル5Lなので、50日で使い切ることになる。4kgのパッケージだと100日で使い切ることになる。ースエレメントは4kgのパッケージの10回分あるので、4kgパッケージ1回分は$2.384。Balling Salt 4kg packageと4kgパッケージの各トレースエレメント分の総額が$237.912。よって、1日に$2.38。
これでも少し高いなあ。Fauna Marinが言うTwo Part Solutionと違いは、Salfate(硫酸)レベルを急激に下げるEpsom Salt(エプソム塩)を使用していない事と、各媒体の純度が99.5%以上との事です。後は、計算された量の必要な微量元素を、KH、Ca、Mgの溶液と一緒に添加することで、常に一定量の微量元素を補充することができます。まあ、ある意味この微量元素をTwo Part Solutionと一緒に使用しても良いのですがね。=)

余談ですが、このFauna MarinもZEOvitシステムと同じものを出しています。システムの名前はUltralith-System。使用する添加剤もまったく同じ。やっぱ化学システムが熱い!!!

投稿者 TAKA : 2008年08月21日 15:42

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/342

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)