« マダラちゃん怪我する | メイン | おとひめ-餌 »

2008年03月02日

スキマーの配管

最近スキマーからの水量が落ちているように感じていました。と言うのは、結構バルブを閉めているのに、スキマー内の水位が上がってこないからです。昨日の午後に少し時間があったので、スキマー周辺を調べてみました。すると、水を取り込むほうのチューブがかなり細くなっていました。これが原因と考え、早速チューブからPVCに変更することにしました。簡単な配管なので、材料集めからスキマー始動まで2時間ぐらいでできました。スキマーを再始動させると、本来の水量に戻り、しかも空気の取り込み音が爆音になりました。ナイス!
下に、チューブが細くなっている写真を載せています。大体、本来の半分ぐらいの直径になってしまっています。チューブでの配管は駄目なのかなあ。。。アクアリストの実際の配管をあまり観察したことがないので、本来あるべき配管の仕方がよく分かっていません。


投稿者 TAKA : 2008年03月02日 07:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/253

コメント

おはようございます。
早速リンクいただきありがとうございます。
マダラですがちょうど6cmです。
いまのところは問題なさそうですが、雪風さんのおっしゃるとおり今後他の魚が駆逐されなければいいのですが・・・

自分も配管の多くに耐圧ホースを利用しています。 特に配管を曲げるときに重宝しています(塩ビパイプだと流量が落ちそうなときに使っています。地震対策の意味も)。
ホースが縮むのは初めてみました。
自分も気をつけるようにします。

投稿者 hanapapa : 2008年03月02日 13:23

hanapapaさん、
おはようございます。
自分の経験から言うと、ポンプの吸い込み口の前にホースを使用するとこういう事が起こると思います。吸い込む力がすごいから凹むような気がします。他の箇所にも使用していますが、こういう現象はないですね。

6cmのマダラですか!いいですね!って言いながら、勢い甘ってもう1匹購入しました。今度は、6cmぐらいなのでブラバンと混泳させようと思っています。

投稿者 TAKA : 2008年03月02日 16:15

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)