« 魚が縮む? | メイン | 今日から夏時間 »

2008年03月09日

Mulmが出ない

久しぶりにZEOvitねたです。
ZeoSpur2などを添加しても一向に効果がないようなので、少し自分のZEOvitシステムを考え直しました。一番気になっているのは、Zeovit Reactorに全然Mulmがないことです。これってまずいような気はしていたのですが、システム自体うまく動作していたように思えたので気にしていませんでした。
Mulmを気にし始めてからZeovitの掲示板でMulmを検索すると、結構沢山の人がMulmが出ないと悩んでいることがわかりました。それらの内容を読んでいると、大体システムを稼動してから1週間ぐらいでMulmが出るようです。出てるか出てないかの判断は、Zeovitリアクター内が「曇っている」かどうかで判断するようです。(自分自身、Mulmが何なのかよく分かりませんが、「バクテリアとデトリタス」と考えるのが良いようです。)
で、Mulmを出すためのアドバイスが以下のような物でした。
ZeobackとZeoFoodを添加するときは、Zeovitリアクターの近辺に添加し、1時間ほどスキマーを止めるほうがよい。
今までZeobackもZeoFoodも本水槽内に添加していましたが、それを変更をZeovitリアクター内に添加するようにしました。やっぱスキマーが強力すぎるのかなあ。。。

投稿者 TAKA : 2008年03月09日 10:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/258

コメント

家では、VODAKAをZeovit Reactorに直入れでした。もちろん停止時です。今はメンドクサイのでやめました。(笑)

代わりに生分解高分子を入れています。

アドバイスは正しいと思います。システムを考えるとそうするのが効率的と思います。

他の可能性として、Mulmが出ないのは水流が強すぎる可能性、及び、ZEOLITEが多すぎる可能性があります。家ではどんどん水流を絞りました。

ウミアザミとディスクコーラルはもう2ヶ月以上経過するのですが、全く色が変わりません。どうもこのようなソフトコーラルには効果ないようです。シライト系はまだクリーム色で綺麗です。そろそろ飽きたので、ハタゴで試そうかと思案中です。ハタゴがクリーム色になったらけっこうすごいですね。

家の場合ZEOLITEを変えるとかなりダメージがあるようで、イソギンは調子を崩します。

投稿者 Tetsuo : 2008年03月09日 00:53

ども。
やっぱり直に入れるのがよさそうですね。
うちでは、フロリダ バブルディスクなどの色は薄くならないようです。
Zeoliteをすべて交換するのではなく、交換時に少し「種」を残す方法もあるようです。そのほうが、バクテリアの繁殖がスムースにいくとのことでした。
ZEOvitシステムはやっぱり手間がかかりますね。

投稿者 TAKA : 2008年03月09日 10:58

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)