« SPSは何を食べる? | メイン | オオトゲミドリイシ(Anacropora Puertogalerae) »

2007年12月16日

Zeovitリアクターを自作

課題だったZeovitリアクターを自作することにしました。Homedepotに素材を探しに行った所、なかなか安価で材料を揃えることができました。一番そろえるのが難しいと思っていたチャンバーの底にひくメディアストレイナーが見つかったのがよかったです。
素材は、チャンバーが4インチのPVC、底面が床などに設置する4インチPVC用の蓋、PhosbanReactorに付属しているフローコントロールバルブです。後は、余っている水中ポンプを使用すれば出来上がりです。
白いのがメディアストレイナーになるのですが、そのままでは蓋になってしまうので、エッジをペンチで切り取って、出っ張りを鑢で滑らかにしました。なかなかうまく加工できたと思います。
本当は、チャンバー部分をアクリルで仕上げたかったのですが、オンラインで注文しなければいけなかったので、黒PVCにしました。
因みに、総材料費は、10ドル以下です。(ポンプとFlowControllバルブは余りものです。)


投稿者 TAKA : 2007年12月16日 20:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.taka-tech.net/mt-tb.cgi/217

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)