« 2007年06月 | メイン | 2007年08月 »

2007年07月24日

また、大洪水

それは妻からの一本の電話で始まった。。。
妻:水が水槽から漏れてる!
俺:どこから?
妻:わかんない。どうすればいいの?
俺:取り合えず電源きって!
妻:どの?
俺:右端のやつ全部。
妻:わかった。。。でも、魚死んじゃってるよ。。。
俺:えっ!!!どの?
妻:最近買ったやつ。。。
俺:げっ!水位はどれくらい?
妻:半分ぐらい。
俺:えっ!(ありえない。。。だって、停電してもメイン水槽の水面から5cmしか減らないし、それはサンプで受け止められるはず。何かとんでもないことが起こっているかも。。。)
妻:早く帰宅したほうがいいかも。。。
俺:仕事が。。。

電話をきった後、鬼のように仕事を片付けて帰宅しました。その時間大体、45分。家に到着し、隔離ケースを見ると、ケーブ・アンシアスが☆になっていました。折角、減圧症も治り、餌も食べていたのに。。。かなり残念。
で、後片付けをしながら今回の事故の原因を考えていました。どうしてもわからなかったのですが、夕食を食べているときに1点原因が浮かびました。それは、Caリアクターの呼び水です。うちのCaはサイフォンでCaリアクターに水を供給しているのですが、そのメイン水槽に入っているCaリアクターへのチューブが、水面から20cmぐらいのところまで差し込んでいます。ってことは、停電時でもサイフォンの原理によって、水はサンプに流れ続けます。量は少量ですが、何時間も停電しているとこういう事態に陥ります。

被害状況ですが、まずサンプの海水温が猛暑のため35度に達していました。メインは30度ぐらい。で、SPSが空気中に2時間ほどさらされていたと思います。サモアミドリイシは無事そうですが、トゲサンゴはやばそうです。あとは、SPSのフラグが幾つかだめになりました。
魚の被害は、ケーブ・アンシアスの3匹です。ほんま隔離ケースに入れていたのが命取りになりました。
ほんま溜息しか出ませんわ。もうすぐ引っ越すので、きっちり配管等を見直したいです。

2007年07月20日

餌付け

今、ケーブ・アンシアスを餌付けしていますが、中々苦戦しております。基本的に冷凍ブライン、粒えさを食べてくれるのですが、食べる量が少なすぎです。あと、水面に浮いているものと、水中に浮かんでいるものしか食べません。隔離ケースの下に沈んだものには、興味を示しません。さらに、飲み込んだ餌を吐き出していることも多いです。特に粒えさは硬いのか知りませんが、よく吐き出します。
しっかり太ってもらわないと困ります。。。クリルでも買って帰ろうかなあ。。。

2007年07月16日

ケーブ・アンシアス(Pseudanthias Flavicauda)の減圧症

雄の減圧症ですが、段々と治ってきて、正常に泳ぐようになってきました。全個体とも冷凍ブラインを食べてくれていますし、雌一個体は粒餌も口に入れてくれています。なんとかなりそうな感じがしてきました。

2007年07月15日

ケーブ・アンシアス(Pseudanthias Flavicauda)購入

今回は、Exotic FishというLAのお店から購入しました。ここは以前私がLAに住んでいたときに調査済みでしたので、多少安心していました。また、購入する前のメールでの問い合わせや、電話での追加質問でも親切に答えてくれました。
しかーーし!土曜日の朝にトリオが届いて生体を確認してびっくり!雄の泳ぎ方が明らかにおかしいのです。某掲示板で質問したところ雪風さんより減圧症との診断を頂きました。あー、なんてこった。。。とりあえずアドバイス通りに塩ビ管に入れて自然治癒を待ちたいと思います。
まあでも、かなり綺麗な魚だなと思いました。特に雄は。


2007年07月12日

ケーブ・アンシアス(Pseudanthias Flavicauda)

日本ではケーブ・アンシアス(Pseudanthias Flavicauda)が入荷して盛り上がった(?)みたいですが、USにいる私には関係ないやと思っていました。そしたらなんと売っているショップを発見!本物かどうか自信がなかったので某掲示板で質問したところ、雪風さんから本物だと教えていただきました。
よーっし購入するか!と思ったらなんとSold Out!!!ついてねーーー。
落ち込見ながら他のサイトを見ていると、またまた発見!今回はトリオで販売されていました。本物と分かれば絶対に買います。

2007年07月04日

コンスピキュアス・エンゼルフィッシュ(Chaetodontoplus conspicillatus)

今日はアメリカ独立記念日です。全然関係ないですが、朝からインターネットで通販めぐりしてました。するとなんとコンスピキュアス・エンゼルフィッシュ(Chaetodontoplus conspicillatus)を発見。アメリカで販売されていたのを実際見たのは初めてです。サイズは13cmで、お値段1800ドル。とても高すぎて手が出ませんけどね。笑
しかし、未だにキャンディーバスレットが販売されているところを見たことないなあ。