« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月28日

永住権への道程 Part2

さて、Labor Certificate(労働認定書)が許可されたら次のステップに行きます。ここからは、移民局(USCIS-U.S. Citizenship and Immigration Services)の管轄になります。ここで行うのが、I-140I-485の申請です。大体の場合、この2つは同時に申請することができます。
特に大事なのがI-485です。これは、申請者が永住権を取れるまでの間アメリカに合法的に滞在して働くことができるようにするための申請になります(Adjustment of Statusと言う)。この申請をするのに重要になってくるのがPriority Dateというものです。この日付は、PERM申請中のオンラインで労働局に申請した日付になります。移民局のサイトを見て分かるとおり、現在はすべての人が申請できることを意味するC(Current)になっています。しかしながら、つい最近までこの日付は2003年でした。と言うことは、私は合法的にアメリカに滞在するには最低でも4年以上待たなくてはいけません。(実際には、それ以下だったり以上だったりします。)
I-485が許可されれば本物の永住権許可証をもらえるまですぐそこだと思います。

2007年06月25日

永住権への道程 Part1

アメリカの永住権を所得するには、大きく分けて2種類あります。1つは、家族がスポンサーになるもの。もう一つが雇用主がスポンサーになるもの。日本人に当てはまるものは、大体が雇用主がスポンサーになる場合だと思います。
雇用主がスポンサーになる場合、幾つかのカテゴリーに分けられます。それらは、EB1、EB2、EB3、EB4、EB5です。大体のケースは、EB2,EB3のカテゴリーに属します。EB2は、その人の職が高度な知識を要する場合です。例えば、医療研究所などで働いている場合です。次に、私が属するEB3ですが、こちらはEB2ほど高度な知識を必要としないが、大学卒業レベルの知識を必要とする職についている人のためです。自分が、EB2とEB3どちらに属するかは弁護士とよく相談しないとだめです。

雇用主が貴方の永住権のスポンサーになってもらえる場合、まず始にすることがLabor Certificate(労働認定証)の申請です。このプロセスには大体6ヶ月かかります。私が弁護士から要求された書類は以下のものがあります。
・Marriage Certificate(婚姻証明書) -既婚の場合
・Birth Certificate(出生証明書)
・I-794 -H1B保持者の場合
・I-94
・Tax Return(納税証明書) -過去3年分

このうち、Marriaeg CertificateとBirth Certificateは、日本から戸籍謄本を取寄せて近くの日本大使館、又は領事館に持っていくと英語に訳してもらえます。
上記の書類と弁護士からの質問書を元に、弁護士がPERMというシステムを利用してLabor Certificateを申請する前に、Prevailing Wage Request(平均給与調査-約3週間)を行います。その後、会社があなたの職にアメリカ人の適任者がいないことを証明する為に新聞などに人材募集広告を3ヶ月ほど出します。この期間にアメリカ人の適任者が現れた場合は、問題が発生します。しかしながら、会社は貴方を雇いたいと思うので、理由をつけて「あなたは適任者じゃない」といって断ります。
オンライン申請した後は、大体2ヶ月で結果が来ます。現在私はこのステージにいます。
続きは次回に。

2007年06月21日

ヤンキースvsロッキーズ

昨日は、妻と友達の3人で、Coors球場にヤンキースvsロッキーズを観戦に行きました。席は、なんとロッキーズベンチの少し上。値段もこちらでは激高の75ドル!しかも普段6ドルちょいの駐車場が、なんと40ドルに跳ね上がる始末。(ちなみに、Coors球場には、球場専用の駐車場がなく、周辺の民間駐車場に停める事になります。)
観客のほとんどがヤンキースファンかと思うほど、みんなヤンキースを応援していました。しかし!ロッキーズが逆転すると、みなさん一斉にロッキーズを応援していました。なんなんだその変わりようは!
松井秀は、打撃は全然駄目でしたが、守備で魅せていました。対して、松井稼は良いところでヒットを打っていました。試合結果は、ロッキーズが6対1で勝ちました。
私がヤンキースの試合に行って、初めてヤンキースが負けました。


2007年06月18日

トゲサンゴ(Seriatopora hystrix)購入

ずっと探していたFragではないトゲサンゴ(Seriatopora hystrix)をやっとLiveAquariaで見つけました。嬉しさのあまりすぐにオーダーしました。で、到着して少しがっかり、ショップの写真と違いきれいではない。。。色自体がピンクではなく茶色っぽいのです。。。まあ、今日には新しいメタハラ(10000K)も届くから、その直下においてきれいなピンクになることを祈ります。

2007年06月15日

ベントラペアとアフリカヌス

以前から販売されていたのかもしれませんが、通販でベントラ(Pseudanthias ventralis )を発見しました。値段は、単体だと1匹$85。でも、ペアだと$139。これってちょっと安いのではと思っています。水槽が落ち着いたら欲しいなあ。。。
あと、違うショップではアフリカヌス(Holacanthus africanus)が$1999.99で売られておりました。ちょっと高めのような気がします。これは一生手が出ないですね。笑

2007年06月14日

珊瑚は月にいくつまで買ってよい?

現在、私と妻の間では、月に珊瑚を100ドルまで購入してよいと言うお許しを貰っています。ちょっと少ない気もしますが、夫婦円満のためには仕方がないと思っています。まあ、もっと自分が甲斐性がある人間になったら、金額をもっと上げてもらうことにします。wwww

2007年06月11日

到着、サモアミドリイシ

土曜日の朝にFedexでReefer Madnessから注文していたサモアミドリイシ(Acropora Samoensis)が届きました。心配していた梱包方法ですが、かなり満足しました。まず、ダンボールの中に発泡スチロールの箱が入っており、その中に下の写真の様に保温効果のあるラップ(?)で珊瑚が入った袋が包み込まれていました。袋も7重になっており、発送中に袋が破けないように配慮がされていました。海水もたっぷり入れられていたのでかなり満足しました。(ただ、中の海水は少し臭かったです。これはしょうがないのかな?)
珊瑚自体の調子もよく、水槽内に入れてすぐにポリプを出し始めました。色も私が想像していたよりも写真に近かったです。私が撮った写真(下参照)よりも、ショップの写真のほうが現物に近いと思います。
白化しない様に大事に育てたいですね。


2007年06月06日

Reefer Madnessでサモアミドリイシ購入

今日も日課の通販ショップめぐりをしておりますと、Reefer Madnessでサモアミドリイシ(A. samoensis)の綺麗な固体が販売されていました。見た瞬間にビビビときましたので、購入することにしました。ここのショップは以前のLA出張で下見済みなので、安心して購入することができます。後は、どのような梱包で送られてくるかが心配です。
今までFragばかりだったので少しウキウキしています!